2018年08月31日

女子体操界で激震。そこは、あの塚原夫妻の独裁国家同様の恐怖の世界だった

女子体操界で激震が発生。長引いている。社会が唖然としているのは
そこは、あの塚原夫妻の独裁国家同様の恐怖の世界だったということ。
塚原と言えば、3大会五輪体操出場し、金メダル5個も取った歴史的活躍の体操選手だった。
塚原夫人も五輪代表、長男も金メダリストという、輝かしい体操のサラブレッド一家だった。
が、日本代表監督に朝日生命体操クラブの監督も兼任することになると、
権力で審判達を脅かし、自分のクラブの選手にいい点をつけ、他のグループの選手を負かす
というひどいことをやり始めた。
反対する者は、駆逐し、しっぽを振るものだけを周りに置き
塚原帝国を作ってしまった。
そこで降って湧いた宮川選手暴力事件。
塚原帝国の女帝は、宮川選手を小さい頃から面倒を見て来て、
オリンピック代表まで育て上げたコーチを、暴力をふるったとして永久追放に打った出た。
宮川選手は、ここで沈黙しなかった。
塚原女帝のこれまでの悪行の数々を社会に訴えたのだ。
posted by 悪を切る父ちゃん at 20:02| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

女子体操界で激震。そこは、あの塚原夫妻の独裁国家同様の恐怖の世界だった

女子体操界で激震が発生。長引いている。社会が唖然としているのは
そこは、あの塚原夫妻の独裁国家同様の恐怖の世界だったということ。
塚原と言えば、3大会五輪体操出場し、金メダル5個も取った歴史的活躍の体操選手だった。
塚原夫人も五輪代表、長男も金メダリストという、輝かしい体操のサラブレッド一家だった。
が、日本代表監督に朝日生命体操クラブの監督も兼任することになると、
権力で審判達を脅かし、自分のクラブの選手にいい点をつけ、他のグループの選手を負かす
というひどいことをやり始めた。
反対する者は、駆逐し、しっぽを振るものだけを周りに置き
塚原帝国を作ってしまった。
そこで降って湧いた宮川選手暴力事件。
塚原帝国の女帝は、宮川選手を小さい頃から面倒を見て来て、
オリンピック代表まで育て上げたコーチを、暴力をふるったとして永久追放に打った出た。
宮川選手は、ここで沈黙しなかった。
塚原女帝のこれまでの悪行の数々を社会に訴えたのだ。
posted by 悪を切る父ちゃん at 20:02| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

アジア大会、一番感動したのは?

今回のアジア大会で一番感動したのは?と聞かれると、やはり男子陸上400メートルリレーでっしょう。
なんとっても、日本人初の9秒台の記録を持つ選手を軸に4人が死力を尽くして
アジアで一番、それも20年振りという快記録を打ち立てたこと。
決勝で宿敵中国を撃破、38秒11という好記録を打ち出して日本代表チームは、
20年振りに金メダルを取った!!
試合後、これまでは、それぞれがライバルなので、抱き合ったりしなかったが、
今回は違った。よほど嬉しかったのだろう、4人とも、力強く抱き合い、固く握手した。
次の東京五輪でも必ず金メダルを取ろうと、4人が強く決意した時だった。
posted by 悪を切る父ちゃん at 19:45| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

日本サッカー協会会長はどうも西野監督の貢献を評価しない

日本サッカー協会会長は、どうも西野監督の貢献を評価しない傾向がある。
ハリルホジッチ監督をあっさり、バッサリ切り捨てたと思うと、
ワールドカップ開始のわずか二カ月前に
新しい監督に西野さんを指名して、どう見ても西野さんいじめの形だった。
それが、
日本代表をあれよあれよという間に
ベスト16にまで勝ち上がった。
その西野監督の貢献度は計り知れない。
それなのに
こんどは
すぐに西野監督の首切り!!
あんまりじゃないのか?
日本代表をあそこまでもっていった救いの神、西野監督を
また、あっさり、バッサリ首にした。
ファンは怒り心頭にきている。
いくら何でも
あそこまで、67位というかなり下位ランクの日本代表が、
第3位のベルギー代表を、あわや、というところまで追い詰めたのだ!
しかも勝てば初のベストエイト!
ベルギーは強かった。
昨日の試合、
ベルギーは準々決勝で、あの強豪ブラジルを破ったのだ!
下手をするとベルギーは優勝するかもしれない。
そのベルギーにあそこまで詰め寄った侍ジャパン!
それを率いた西野監督、彼こそ、日本中を沸かせ、希望と勇気を抱かせた
名監督。
西野監督は、
国民栄誉賞に値する奮闘ぶりではないか?
posted by 悪を切る父ちゃん at 17:59| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ワールドカップは凄く面白いが、国内は豪雨の被害で・・・

日本代表の思わぬ大活躍で、ロシア・ワールドカップは凄く面白いが、
一方、国内は超豪雨の被害で死者・行方不明者多数・・・
いったい、このギャップは、何でしょうね。
住みにくくなってきた日本。世界中至るところで人種間の争いが止まらない。
もっとのんびりやろうよ。
短い一生だろう?
posted by 悪を切る父ちゃん at 17:00| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

ある日、突然右目が見えなくなりました。

ある日、突然、右目が見えなくなりました。
そのため、本も読めず、パソコンは操作できないので、ブログも全く更新できず、
新聞、テレビ、パソコンのモニター、スマホ、ガラケー、映画、
すべて【さよなら】の日を送る羽目に・・・。

片目がひとつ見えないだけで、人生のほとんどの楽しみが消えてしまうのです。

千葉の日医大に飛び込む前は、勤務先の豊洲のオフィスで仕事中に目がかすみ、
来店してくる若い女性の顔の中心が歪むのです。
これには、わけがさっぱりわからず、
次第に怖くなってきました。

でも、左目の視力が0.2あったため、これまでは、日常の生活にはさして困らなかったのです。
ここがアウトでした。

視力1.2もあった右目を酷使するあまり、ついに失明寸前にまで
いきそうでした。

左が見えるため、なんとか地下鉄、JR、京成を乗り継ぎ、佐倉駅までたどり着きました。
ところが、ホームにすんなりとは降りられません。
両手に重い荷物を下げ、途方に暮れていたら、若い男性が「だいじょうぶですか?」
と声をかけてくれ、すぐに他の乗客の応援を頼み、やっとのことで
ホームに立つことが出来たのです。

やはり日本は住みやすい国。
有難かったですね。

家に置いていた杖が、再び必要になるとは夢にも思わなかったのです。

  エレベーターに乗るのも一苦労。

周囲は、誰も、私の右目が見えないことなど知りません。

眼帯も包帯もつけず、杖さえもついてはいないのです。

ただ、老人が、仕事その他で疲れ果ててろくに歩ける状態でないこと。

それは誰だって、見ればわかります。
ですが、その老人は転倒したり、怪我したりもしていません。
ただ疲れ切って力も使い果たし、茫然と空を見ているだけなのです。

考える余裕も亡くなっている。

そういう状態は、毎日満員電車に揺られ、ハードな仕事に頭も体も酷使。
くたくたになって都心から1時間も2時間も満員電車に揺られる
サラリーマンや女性、学生・・・みんな同じ。
ただただ耐えている・・・。

ただ耐える。
そして明日もまた同じ時刻、同じ電車に揺られながら、東京の職場、大学、等々へ行く。
この繰り返しに耐えられなけば、この世の中、そう簡単には生きては行けません。
自分の力でなんとか働き、なんとか収入をえ、なんとか食べ、なんとか生きてゆく。
それができるうちは、
絶対に人様のお世話にはなりたくない。

根性かもしれません。こんなことで負けたくない。人生に負けたくない。
ギブアップは、まだ早すぎる。

もうすぐ69歳。
九州、唐津東高校同窓会古希の会の案内状が来た。
50年前の顔と名前しか覚えていない、発起人幹事が、回答を待っている。

「これが最後でしょう。全国に世界に散らばった同期のメンバーが
古希を機会に一堂に集まり、ひたすら、旧交を温めあう事ができるのは。
10月13日、唐津でお会いしましょう!」

それまでに、右目を治し、頭の中を明瞭にし、体中を鍛え直し、活舌をはっきりとさせ、
堂々と同期の前に登場しなくては。

老齢になり、当然のように、”がたのきた”自分の頭や体をいたわりながら
(おなじように、くたびれてきた伴侶もいたわりながら・・・)
少しづつ、希望を抱いて、一歩一歩、前に進んでいく。

そうすれば、明るい未来も拓いてくる・・・。

    (先ほどの場面に戻りましょう)。


「家族はいないのですか?連絡はどうするのですか?車は?スマホも持っていないの?
ええ?ほかにどうしようもないの?あなたは、タクシー乗り場までも歩いて行けないの?」

と声をかけてくる人は、一人もいません。

当然と言えば、当然。誰も、他人をそれ以上は詮索しません。早く家に帰りたいのは
誰しも同じ。

けれど、生きていると、こういう経験は誰にも起こりうるのです。

こんな苦しみ、本人しかわからない。

自宅に帰って、横になって休んでいても、右目に違和感があるのです。
思い切って、そっと目を開けると、驚きです。
障子の十文字の桟が、なんとなく、くねくね歪んで見えるのです。

カーテンも、風が吹いていないのに、ゆらゆら揺れています。
すべての目に見える映像が、ぼけはじめ、焦点があいません。
次第におぼろげながらも、空洞になっていくのです。
これは怖い。

私は寝たまま、小刻みに貧乏ゆすりを始めました。
私の異変に、ようやく気が付いた家族が、心配して私の目の前に来ました。
見上げると、その家族の体の中心部が
空洞!

(【透明人間】というテレビドラマが、昔、放映されていたのを思い出しました)。

テレビを見ても
画面の右半分がかけてしまいます。

家族に告白すると、腰を抜かすほどびっくりです。
病院に行こうにも今は深夜。かかりつけの眼科医はとっくに閉まっている。
明日、明後日は土日で休業。
もう、どうしようもない。

家族が聞いてきた。
「救急車を呼ぶ?それほど重い症状?え?右目が見えない?もし、そうなったら
入院して手術しないと・・・。しばらく帰ってこれなくなるのでは?
仕事はどうなるの?」

妻は矢継ぎ早に話してくる。しかし、金曜の夜では、じっと
耐えるほかなかった・・・。

毎日、毎日、症状は重くなっていった。
もう、パニック!!失明するのでは?

あわてて駆け込んだ日本医科大学千葉北総病院、眼科病棟。
病名は、【白内障と黄斑円孔(学術的には加齢黄斑変性症)】と診断された。
私の担当の助教、丸山先生によると「亀谷教授が現在、海外出張中なので、帰国後
直ちに手術に入ります」と日程をつめる。

手術の日が来た。
妻は、心配でならないようで、病棟の廊下の片隅で何かを拝んでいる。
白内障の手術は簡単。5,6分で終了。
しかし、【黄斑円孔】の手術は、黄斑そのものが完全に分断されていて
穴が開いているため、
それを治療するためは、相当高度の医療技術が必要不可欠。

結局、部分麻酔だけで手術開始。

手術は順調で、実際には20分ほどで完了したが、
私には堪えられないほど
長く感じられた。

8日間入院し、きれいで明るく優しく若い看護師さんたちに手厚く
看護され、二人の先生、亀谷教授と丸山助教のバックアップのおかげで
無事、快晴の日に退院できた。

退院して驚いたことーそれは、(まだ右目の黄斑の穴は半分も埋まっていないのに)
外の景色が以前にもまして鮮明に見えたことだ!

大学病院の周囲の緑が特に鮮やかで、道路の両側の植え込みの花、さつきの色も
眩しいほど濃いピンク色で、空はどこまでも蒼く、夢のような世界だった。

これが実際の世界なのだ。
こんなにも美しい世界に
私達は生きている・・・。




posted by 悪を切る父ちゃん at 11:02| 千葉 ☔| Comment(2) | 病気 | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

10年ぶりの南北首脳会談会談、終了。北朝鮮の金さんと韓国の文さんが固い握手。

10年ぶりの南北首脳会談会談、無事に終了。
記者会見で、
北朝鮮の金委員長と韓国の文大統領が固い握手。
この二か国は、もともと同じ朝鮮民族。
言語も国土も同じだった。
それが、第二次大戦で、ソ連とアメリカにより、二つに分断された悲しい民族。
ドイツは自分が蒔いた種だが、
ベトナムと朝鮮は
他の超大国が自分たちの都合で勝手に分割された、本当に空しい歴史を背負っている。
北朝鮮が核武装して、
アメリカと対峙しているのは、あながち、身勝手な政策ではないのかもしれない。

posted by 悪を切る父ちゃん at 18:46| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

羽生結弦選手の金メダル授賞祝賀パレードは圧巻だった

羽生結弦選手の金メダル授賞祝賀パレードは圧巻だった
posted by 悪を切る父ちゃん at 14:52| 千葉 | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

大谷翔平選手、超強豪、レッドソックスと対戦。

大谷翔平選手は、
今日は、先頭打者にいきなりホームランを打たれた。
しかし、ワンアウト後に出て来た、4番バッターのあの118億円男、
マルチネスを!!
なんと
変化球で三振に切って取った!!!!
これには解説者もアナウンサーも吃驚!
球場はやんやの大喝采。
残念ながら
今回は2回でノックアウトされたが、
それでも球場に詰めかけた5万人のファンは、
大谷翔平選手を見ただけで大満足したという・・・。
posted by 悪を切る父ちゃん at 14:01| 千葉 ☔| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

成田空港から福岡空港へ。スカイチケットで予約すれば、往復12,340円!格安。

①5月28日(月)12時ごろ成田空港から福岡空港へ行く。そこからバスか電車で唐津へ。
唐津でお墓参りし山田さんに挨拶。Tさんも挨拶。高田君達友人とも会えたら会う。
唐津のビジネスホテル・「宙」に2泊?
 福岡空港から成田空港に戻ると、飛行機代は往復で12,340円。
 このルートが格安で決定。

②Aさんは、延岡から電車で福岡へ行き、福岡空港で私と合流し、一緒に唐津へ行く。
 唐津で墓参りした後、私は唐津のホテルで2泊。Tさん方には泊まれない?奥さんが病気。
 Aさんは唐津のホテルに1泊してもいいし、仕事があるなら、日帰りでも?

③仮の計画

5月28日(月)成田空港を出発。(7,420円)福岡空港でAと合流。唐津に泊まる。一泊6千円?
5月29日(火)唐津に2泊目。6千円?
5月30日(水)福岡空港を出発。(4,920円)成田空港に到着。自宅へ。

④私の見積もり。
 
飛行機代= 約1万5千円  電車・バス・タクシー代=5千円。ホテル代 1万2千円。
お土産=6千円~1万円  飲食費=5千円 レンタカー代1万円?

合計概算 5万3千円~5万7千円

 注意)ホテルは素泊まりで一泊3千円くらい?

兎に角、まず、なにはともあれ、延岡のAさんに計画を打診して相手の都合を聞くことが先決。

posted by 悪を切る父ちゃん at 00:14| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする