2019年04月06日

今年の花粉量は、例年の3倍以上、学者によっては6倍というご仁もいて

今年の花粉量は、例年の3倍以上、学者によっては6倍というご仁もいて
私なんて
今年の2~3月、まずもって目はは開けていられない。
目が痛くて、思い出涙ぽろぽろ、しぶしぶ、とても開けてられない。
鼻水ときたら、延々と出るわ出るわで、さらに豪快なくしゃみは止まらないわという、
実に散々な日々でした。
朝起きると、すぐにでかいくしゃみが飛び出し、それが立て続けに出て止まらない。

2階に寝ていた家人がその音にびっくりして飛び起きて来たし、
手元のティッシュ・ボックスはたちまちなくなるし、
鼻は噛みすぎて真っ赤になってしまうし、
その上、せっかく金をかけて時間をかけて家族に
多大な負担をかけて白内障と黄斑円孔の手術をしてもらったのに、
右目はもう視力はがたんと落ち、左目も視力0.1に落ち、
見ると障子の桟がSの字にゆらゆら歪んでどうしようもないし、
もう、この世の地獄のようで、涙ボロボロ、鼻はぐしょぐしょ、目は痛くてとても開けてられないと来た。
そんな、とても酷い事態、まるで地獄のような日々を送りながら、
いつまで、この苦難に耐えられるのか、
お先真っ暗というのは
このことかと、
もう、落語じゃあるまいし、寿限無寿限無・・・と言うか、
神や仏にすがるしかなく、すがってみたところで一向に鼻水は止まらず、
目はかゆく、くしゃみときたら!!

なんとか宮崎空港に着き、ロビーに着いたとたん、「は、は、は、は、アクション!!!」
ダイナマイトもさもありなん、と言うような爆音が飛び出し、
空港のロビーにいた旅客や老若男女、
見送りに来た人たちが
私の方を振り向き
時間がとまったような、不思議な顔になったかと思うと、
やがて、お互いに顔を向け合って、
そのうち、あちらこちらで、くすくす、
げらげら、あはは、うへへへ、きゃあきゃと
笑い始め、もう恥ずかしいったらありゃしない、
穴があったら入りたいくらいなんだけど、宮崎空港のロビーには
私が入れるくらいの大きな穴なんか、開いているわけもなく、
もう、脱兎の如くこの場所から走り去るより、
ほかに手はないようで、もう恥も
外聞もない。全力疾走しながら、またまた、どでかいくしゃみ!をかまして
みんなを驚かせながら
出口を探し求め、やっと出口にたどり着く。
つまり、宮崎市内に出て、日豊本線の宮崎駅まで
爆音のような、くしゃみをしながら歩き続ける。鼻水はとまらず、流れ続き
目はおぼろ、行先の表示なんざ
かすんでしまい、危うく
対向してくる宮崎県人とぶつかりそうになるのです。

ええ?花粉症でこれほど苦しんでいるのって、私だけなの?
他の宮崎県人は誰もだれも、花粉症になっていないの?
わあ、日本ってそんなに広いんだあ。

あ、こんな苦痛の日の旅日記なんて誰が読むもんですか。
いや、誰一人としてそんな同情してくれるようなお方はいるもんですか。
みんな、厄介な親の介護や、何かの仕事について一所懸命働き
わずかな金を稼ぎ、女房・子供を養い、重い住宅ローンを背負いながら、
延々と払い続け、車の維持費に悲鳴を上げ、
辛く苦しいが
悲しいかな
お父さんは顔で笑って心で泣いて
今日も明日に向かって撃て!
ではなくて歩き出すのです・・・。

でも、当たり前というか、すべて、長い阿時間かけて、自分で蒔いた種だもの。

自分しかいません。すべての責任をとるのは。
種を育て、花を咲かせ、果実をつけると、その可愛い、綺麗な、見事な果実。
なぜか、誰かに持って行かれても、
親たるもの、泣いて喜ぶ。これが運命。それも人生。
他人が何と思うか、そんなこと全然関係なく、子供達は、広い世界に羽搏いて行くのだ。
なんて素晴らしい人生!!

たとえ、どんな失敗をしたとしても、悲観なんかするな。命までは取られない。
涙なんか見せても、誰も助けてはくれない。
当たり前でしょう。
自分のしたことは、自分で後始末をする。
それが人生。
されど人生だ。

せっかく生きていくのなら、明るくいこうぜ!みんな、くよくよしないで、明日を夢見て!
明るい明日は必ず来る。太陽は消えることはないのだ。

【空港父ちゃん】は、こうして、いつの頃からか、謹厳実直、真面目一徹、眉目秀麗の世界から
一歩抜け出し、初対面の人でも
とつとつと自分の過去を!面白、可笑しく語り続けるだけで、
いつの間にか、相手の口角は上がり、初めはくすくす、やがて豪快に笑いころげる・・・。

するとどなたでも、笑顔になっていい顔になる・・・。

ああ、もう寝ないと。明日は早く起きないと、(あれ、もう今日になってしまいましたが)
時間がありませんので、この辺で。

花粉症に苦しむ【空港父ちゃん】の
一日でした・・・。

同情なんかいりません。
一刻も早く、このひどすぎる花粉症をどなたか
治して下さい、「空港父ちゃん」は、クタクタ。
もう、たまりません。

眠れません。
鼻水が止まらないし、
くしゃみもエンドレス。
両目は開けてられず、目も鼻も口もついているのに、
どれも
苦しむだけ・・・
とほほ・・・。

と思いきや、一時間ほど前に服用した「一発で治せる花粉症の薬」のおかげで
鼻水、くしゃみ、目の痛みなどすべてが、見事に
雲散霧消!!

これでやっと、眠れます。
みなさん、お休みなさい。
ご清聴、ありがとうございました。

生き返った「空港父ちゃん」より

あなたへ




posted by 悪を切る父ちゃん at 01:12| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください