2019年04月03日

東邦高校、平成最後も優勝!平成元年と合わせて5度の選抜高校野球優勝を飾った。すごい高校だね。

東邦高校、平成最後も優勝!平成元年と合わせて5度の選抜高校野球優勝を飾った。
すごい高校だね。中でも、決勝で習志野を2打席連続ホームランを浴びせて撃破した
東邦のエース、石川君は知る人ぞ知る野球の天才らしい。軽々と甲子園球場のライトスタンドに
どでかいホームランを放り込むなんて誰にも真似できるものではない。
東邦高校の石川君は、大リーグがマークしているはず。
折角の決勝戦なのに、習志野はエースを出さず、二番手のピッチャーを強豪、
東邦にぶつけてきた。習志野は、毎回のように走者を出すが、鍛え抜かれた
東邦の野手に殆どダブルプレー!
東邦の選手の方が、習志野よりも、正々堂々とフェアプレーの精神力が強い。
クリーンな高校というイメージぴったりだ。
生来の実力で、単独で史上最多の選抜5回目の優勝を勝ち取る東邦高校は
素晴らしい。
一方、千葉県の習志野孤高は、応援団が爆音と言われる騒音を出して、
初出場の高校を驚かせ足り、
野手同士の声をかき消して選手を慌てさせて、その結果、僅差で勝つという、
何か、首をかしげる手を使ったようだ。
フェアプレーの精神は、チームと同じく、応援団ももちろん守るべきではないか?
何か、後味が悪い。

アメリカ大リーグのように、試合中は、野手のプレーだけをみて、
爆音のような応援はすべきではない。

第一うるさくて耳障りだ。
そこへ行くと、東邦高はプレーも応援も洗練されている。
エースでキャプテン、スラッガー、石川が投打の活躍。
石川選手は、甲子園でのホームランのタイ記録まで作ってしまった。
将来が楽しみだけど、イチローのように、大きく羽ばたいてほしいものだ。
石川選手は、オーラがある上に背が高く、クールな表情。ファンが歩っておかないだろう。
もうすでに、石川フィーバーが日本列島を席捲している。
石川選手、半端じゃない、大きな大きな、宝もの。
日本の至宝になるはずだ。
何かを持っている。
posted by 悪を切る父ちゃん at 15:05| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください