2019年04月02日

新元号、【令和】となったが、他の候補元号はどうしようもないのでは?

新元号は、【令和】(この考案者は、中西進氏ではないか?)となったが、
他の候補元号はどうしようもないのでは?
第一、国民にも読めない元号、何とでも読める元号、考えられない元号等々、
どういようもない候補が上がっていた。

やはり、始めに【令和】ありきだったのではないか?
安倍内閣がよく使う手。
どうも、【おごそかな茶番劇】としか言いようがない。

元号が変わることが勝機となるため、経済面でも安倍政権にはいいニュースとなる。
株価は上がり、景気も良くなり、もともと豊かな富裕層はさらに所得が増え、天文学的
収入を得ることだろう。
まるで、【世界一儲かる者が世界の王である】かの如く振る舞うあの
トランプ大統領のように、楽しくて浮かれてしまうのはいかがなものか。

日本だけでなく、世界中で苦しんでいる低所得層や無収入の人々、
母国から逃げ出す数百万人以上の難民が噴出してやまない。

現在でも、無残に地中海の屍となったり、手の付けられない惨状が目を覆う。

そういう、のっぴきならない過酷な現状が、
我々を取り巻いているのにもかかわらず、
敢えて国民の目や、世界の目を一時的にそらす、
格好の素材に、【新元号発表】及び【退位と即位】の重要な儀式が、利用されている、
そのように思われる。

そうでもなければ、国民を代表する叡智の集団が
ああまで、すんなりと【令和】ひとつに決められるものではない。
そう思いませんか。

現天皇が、まだ退位もしないうちに、早々と色んな勝手な理由をつけて、
あたかも、もっともらしく、形ばかりの集会を開き、
国民を代表する三権の長達にも、問答無用で
新元号を【令和】に決定したのは明らか。

めでたいのだから、あまり、文句を言うなとおっしゃるご仁もいます。
日本中がこぞって浮かれる一大イベント、それほど浮かれることでしょうか?
この儀式は、本来、粛々と行われるべきではありませんか?

華々しい改元の行事に、国民大多数の目を向けさせることで、
自分達の【あるまじき行為】を
隠ぺいしようと画策しているのは明らか。

これで、安倍総理の高笑いの理由がわかる。

【令和】という新元号を発表するにあたり、安倍内閣は
天皇陛下に、退位前に新元号を発表してもいいかどうか、
お伺いを行ったのだろうか?明瞭にしたのかどうか?
どうも曖昧にしたのではないか?

安倍内閣は、自分達の悪行を隠ぺいすることに懸命で、天皇には
もっとも大切な退位と元号について、事務的に、
形だけを整えようとしている。
いったい、現在でも、天皇陛下が退位されていないにもかかわらず、
一カ月も前に新しい元号名を決定し、国民の前に公表する必要があるのだろうか?

経済が麻痺する?国民が困る?企業に損失が出る?等々。

数十年に一度の重大な国事行為の前には、そんな理由は考えられない。
国事行為の前には、個人の欲求は簡単には認められないだろう。

安倍内閣が、自己保身に、巧妙に利用しているのが透けて見えるのだが。

【退位のひと月も前に、新元号を決定し、国民に公表する】。

その旨、安倍内閣が天皇と皇太子にきちんと説明し、了承を戴いたのだろうか?
甚だ、疑問である。
というのも、安倍総理と菅官房長官が、新元号の話をした時に、
天皇は、なんの反応もされなかったという。
うがった見方をすれば、
天皇陛下に確認および了承を得ずに、安倍内閣が良かれと思って
この話を強引に推し進めたのではないか?

安倍内閣がこの件で話したときに、
皇太子は、軽くうなずかれたという。
この差をみても、現天皇が納得していなかったということが、
歴然としている。

由々しき問題は、これからではないか?

posted by 悪を切る父ちゃん at 21:21| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください