2013年08月03日

この夏は、危ない。海外旅行はやめたほうがいい。

米国が全世界に渡航警戒を発信した。
『アルカイーダが、テロ攻撃の恐れがある』と、
全世界に配信した。
くわばら、くわばら。
以下、共同通信。
米国務省は、中東、北アフリカ地域などで
国際テロ組織アルカーイダ系勢力によるテロ攻撃の恐れがあるとして、
8月末を期限とする米市民向けの渡航警戒情報を出した。
警戒対象は「全世界」としているが、特にアラビア半島を中心に
テロが起きる可能性がある。
米政府は、一部の在外公館を4日に一時閉鎖すると公表。
ハーフ米国務省副報道官は記者会見で
「多数の警戒情報」を受けた措置と説明したが、
情報の内容は明らかにしていなかった。
ロイス米下院外交委員長は、公館閉鎖について
「アルカイダ関連の脅威が中東や中央アジア地域に存在するためだ」
と米CNNテレビの番組で述べた。
posted by 悪を切る父ちゃん at 05:24| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック