2017年02月28日

明日から待ちに待った3月。

春は気も弾むが、なにが起きるか
一寸先は
誰も知らない。
何が起きるか?まずは気を引き締めよう。
夢を見た。
交差点のど真ん中で、
私の目の前で
大型ダンプが急停車した!
私は当然のように
反対車線を悠然と走っていたのだ。
反対車線はガラガラだったから、
目的地まで
短時間につくと思われた。

夢はまた変貌。

私は、いつか見た光景にいた。

泥沼の中。
洪水、大洪水が起きたらしい。

委細は不明。

兎に角、

私は愛車、フィット君を駆って、自由自在に木々の間を疾走していた…。
なにかがおかしかった。
いつかみた夢と殆ど同じだった。
そんな気もしたが…。

私は夢の中にいた。
夢の中のまた夢というか…
夢はエンドレスにずっと続く・・・。

あ、これは夢だと気が付かない。

夢のなかで
私は蒸気機関車が
ボーっ、ボーっと警笛を鳴らしながら
目の前まで突進してくるのを
え?
おかしいだろう、なんでとまってくれないのだろう?

なんて思っていたら、
飼い猫のふーちゃんが寝室の柱をがりがり、がりがり
執拗に引っ搔いて、やめようとしない・・・

あ、いけない、危なく火事で焼けてしまうところだった・・・

ストーブに
やかんを
のせたまま
眠っていたわたし・・・
posted by 悪を切る父ちゃん at 11:02| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

千葉から南九州へ転勤に

千葉から九州へ転勤になりました。
神々しい上司がこう言います。
「人事異動は、みなさんのご意向もあろうと思いますが、
すべて国のためです。
公平な人事を行うことで、日本の国をもっとよくするために
優秀な人材を全国展開するのです。
こういう立派な考えのもと、人事異動が行われるのです。
みなさんがたも何かと大変でしょうが、
ここは、大所高所から見て、日本中を俯瞰しながら
国のために職務を全うするのだ。
そういう心意気を期待しております。
極端かも知れません。赴任地が札幌だった人が急に那覇に転勤を
命じられることもあります。それは、いじめでも何でもありません。
人事の季節に、ちょうど札幌支店長が本店営業部部長に昇進栄転し、
その後釜に、あなた、あなたがいってもいいのです・・・」
なんて説得されると、もう駄目です。
「どこでもいいです!とにかく、全身全霊で頑張ります。
お国のためです!」
と自分に言い聞かせるしかありません。
しかし、世界中を展開する大企業はいうに及ばず、官公庁、学校、警察、自衛隊・・・人事異動には
いったい、いくらかかっているのでしょう?
日本人が勤勉なのもわかりますね。
posted by 悪を切る父ちゃん at 00:17| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

友人が宮崎県に転勤が決まったが、成田空港も羽田空港も大分空港か、宮崎空港への便しかなくて・・・。

宮崎県に転勤が決まったが、
成田空港も羽田空港も大分空港か、宮崎空港への便しかなくて・・・。
大分空港から大分駅までタクシー、それから日豊本線にのり、
〇〇駅まで行き、それから車で15分、徒歩30分以上の
ところが転勤先。
かなり疲れそう・・・。
しかし、近くには高千穂峡があり、阿蘇も遠くないし、熊本も九州山脈を
超えれば、なんてことはないが、車がない。
自家用車がないと、どこへも簡単には
行けない。まるでお手上げ。
先が思いやられる。
posted by 悪を切る父ちゃん at 06:55| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

北朝鮮のドン、キム・ジョン・ウン氏が絡んでいるのか、異母兄弟の金正男氏がマレーシアで暗殺?

北朝鮮のドン、キム・ジョン・ウン氏が絡んでいるのか、
金正日前総書記の異母兄弟、金正男氏(キムジョンナム)が
2月13日、マレーシアで二人の女に顔に毒針を刺され、暗殺された。
という衝撃的な外電が飛び込んできた。
超タカ派のトランプ大統領が強硬な姿勢を示しており、
相当、切羽詰まっている北朝鮮、危ない兆候がどんどん出てきている。
数日前、日本海に向け発射したミサイルは、4000キロの射程を持つ、
大陸間弾道弾だった。
北朝鮮からミサイルを、意識的に、530キロ上空まで飛ばし、
なおかつ500キロ先の日本海に着水するように、
緻密に設計された驚異のミサイル。
アメリカには相当の恐怖シーンと映ったことだろう。
アメリカの迎撃ミサイルの性能は、まだそう上がっていないらしい。
日本はもっとのんびりしているが
大丈夫だろうか?

posted by 悪を切る父ちゃん at 07:48| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

北朝鮮がミサイル発射!しかも日米首脳会談のさなかに!

北朝鮮がミサイル発射!
しかも日米首脳会談のさなかに!
トランプ大統領と安倍総理(当事者)は、
パーティの最中に(しかも一般客が、二人の直ぐそばにいるときに)、
対北朝鮮への制裁を!なんと話し合って(会談して)いた。
これが世界中に配信されてしまった。
トランプ大統領と安倍首相の二人の超大国(あえて日本もカウント)
の大物が北朝鮮を制裁することを話し合っている場面を、
招待客がスマホで動画で撮影中だった。
間抜けなトランプ大統領が
世界中に知れ渡った・・・。
気が短いというか、政治家の経験ゼロのトランプ大統領、
間違っても核の赤いボタンを
簡単に押さないでくれませんかね・・・。
posted by 悪を切る父ちゃん at 05:09| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月11日

今日は建国記念日。晴れ渡った素晴らしい日。東京から若い男性が訪ねてきた・・・

今日は建国記念日。
晴れ渡った素晴らしい日。
こんないい日に、若くてハンサムないい人が
我が家に来る。
久しぶりにいいことがある・・・。
posted by 悪を切る父ちゃん at 10:53| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

梅に鶯と言いますが、うちの南側の庭にかろうじて残った椿の垣根に・・・

「梅に鶯」と言いますが、うちの南側の庭にかろうじて残った椿の垣根
(5,6本を目隠し用に切らずにおいたのです・・・)に、
今朝起きたら、なんとつがいの鶯が訪問していました。
見事な鶯色です。
あれ、うちには梅も桃も咲いていないのに。
そう思っていたら、私の網戸を開けるかすかな音に反応し、
スーッと横に流れました。
見事な横跳びです。
人間様にはちょっとまねできない。
隣の家の広大な庭には、桃の花と梅の花が咲き誇って、朝日に輝いています。
なにせ、平成元年に横浜から引っ越してきた新興住宅の
私たちの猫の額のように狭い庭とは違い、大昔?から住んでいる
地元の家です。
庭の広さと言ったら、うらやましい限りです。
その家には以前は100歳で亡くなったおばあちゃんがいて、
頭がしっかりしているため、
私と話が合いました。
その、おばあちゃんは、あの長嶋茂雄さんのお母さんと同級生だったのです!
長嶋さんの実家は、この佐倉駅界隈からひとつ向こうの
臼井あたりの農家でした。
なんでも弟、茂雄がスーパー・スターになったため、
面白くなかったのでしょう。
跡継ぎの長男の甚六は、農家の仕事もろくにせずに、
朝から酒を食らって飲んだくれていたそうです。
わかるような気がします。
え?
信じられない話をしてくれた。
そのおばあちゃんは数年前に息を引き取りました。


posted by 悪を切る父ちゃん at 10:08| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

TBSのcaster、雨宮塔子さんの素晴らしい生き方、シングルマザーでフランスに二人の子をおいて

TBSの「ニュース23」のcaster、雨宮塔子さんの、生き方。
二人の子供と自分を何よりも大切にする素晴らしい生き方。
彼女は、現在シングルマザー。
雨宮塔子さんは、有名なパティシエと30前後で結婚する。
しかし、毎日、仕事で多忙な夫を深夜まで待つのは空しくなったようで、
子供が二人いたが離婚を決意。
フランスに二人の子をおいて雨宮塔子さんは、日本へ帰ってきた。
その理由は、親子3人で食べるために、彼女は仕事を探していた。
ある日、古巣のTBSから仕事が飛び込んでくる。
深夜のニュースキャスターの仕事だった。
娘は、「ママ、日本へ帰っていいよ。お仕事頑張って!」と言ってくれた。
それで決心した。
雨宮塔子さんは素晴らしい。
posted by 悪を切る父ちゃん at 08:13| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

東京湾でトラフグが大漁??なぜなの?

TBSの本日5時半の特集。
東京湾でトラフグが大漁??
なぜなの?
東京湾で高級食材のトラフグが5キログラムの大物も獲れる…。
あまりにも多く釣れると大評判。
釣り船、鴨下丸の萩原船長もびっくりしている。
TBSは、若い女性アナ、林さんを現地に派遣。
釣りの場所は、東京湾の入り口、千葉県富津沖。
素人の若い女性が、その釣り船に乗って、東京湾を進み、
間もなく漁場についた。
彼女は、やおら言われるままに、釣り糸を垂れて待った。
すると、間もなくキャーと悲鳴。
お腹がプーッと膨れた、正真正銘の天然のトラフグが釣れたのだ!
生まれて初めてトラフグを釣った林アナ。
大喜びの彼女は、喜びながらも、あんまり簡単にトラフグが釣れたので、不思議がった。
TBSはその原因を調査。
そして、この謎が解けた。
実は、神奈川県と東京都がトラフグの大漁に係わっていた。
神奈川県水産技術研究所が11万匹のトラフグの稚魚を放流していた…。
また、温暖化で伊勢湾から多数の稚魚が東京湾に押し寄せていることも判明。
TBSテレビは、フグ料理で有名な割烹「味香佐」に、
林アナが釣り上げたトラフグを持っていき、
目の前で調理してもらうことになった。
あまりの美味しさに林アナは驚いて、絶句。
夢みたいな話ですね。


posted by 悪を切る父ちゃん at 18:04| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

南の国々に棲息するヤシガニ

ヤシガニは、アガンという、石みたいに硬い果物が
大好物で、そのアガンの硬さは群を抜いているという。
このアガンという果実は、ヤシの実に形は日ていて、
色はオレンジっぽく、
人間がこれを硬いコンクリートの地面に打ち付けても、
びくともしない。
その硬いアガンを、ヤシガニは巨大なハサミを器用に使って
細く切り裂き、上手に食べる。
ヤシガニは巨大なヤドカリ?いいえ、カニの仲間だそうです。
ヤシガニは、数万年前まで、海中に棲んでいたが、
数千年前に陸に上がり
人間と共生するようになったという。
カニ類で地上最大にして最強のヤシガニ。
ヤシガニの巨大なハサミで咥えられたら、もうおしまい。
人間の手足などは簡単に食いちぎられてしまう。
ヤシガニのハサミのパワーは、130キログラム!
元腕相撲世界選手権王者の日本人が計測すると、
その腕力は90キロ。
普通の日本人成人男子が47キログラム。
ヤシガニがパイプを軽く折り曲げ、真っ二つに切ってしまうのは
朝飯前・・・。
想像すると、
このヤシガニが、文永、康安のころ、九州に来襲してきた元の大軍を
壊滅させた、七不思議の一つのパワーになったかもしれない・・・。
これは、あくまでも私のファンタジーなのです・・・。


posted by 悪を切る父ちゃん at 14:14| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

先ほどまで、どこまでも澄み渡っていた大空、やがて夕焼けを迎え、真っ暗な夜が帳をおろす・・・。

先ほどまで、どこまでも澄み渡っていた大空。
やがて時間がたつにつれ、
故郷の玄界灘の砂浜に沈むような大きくて壮大で真っ赤な夕日となり、
やがて時間がたつにつれ、
もし、文明が発明されなければだが、
地平線の彼方まで、
ずっとずっと遠くまで
真っ暗な夜が帳をおろす・・・。
しかし、まもなく暗かった夜空に
満天の星が無数に煌めき始め、
三日月が現れ、
そして太陽が地平線から顔を出し、
また朝が来るのだ・・・。
やがて空を飛びまわる動物が鳥になり、
海を泳ぎ回る動物が魚に変貌し、
私たちの祖先が、それぞれ男と女の性を持って生まれる・・・。
そういう地球上に
私たちの祖先は生まれた。
何万年も昔のことだ。
とても懐かしいにおいがしてきた。
posted by 悪を切る父ちゃん at 16:34| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

東京の千代田区長選、5選目の石川氏が圧勝!!小池都知事の人気が自民党を蹴散らした?

注目の東京の千代田区長選、5選目の石川氏が圧勝!!
小池都知事の人気が自民党を蹴散らし、与謝野候補の自民党は大敗。
都議会のドン内田氏のパワーが消えそう…。
おかしくなってきた、都議会自民党。
posted by 悪を切る父ちゃん at 14:16| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

少し古い「ipod touch」を使う時、「youTube」のパスワード欄が出てくる。1段目はユーザー名、2段目がパスワード。どうすればいいの?

少し古い「ipod touch」を使う時、最初に「youTube」のパスワード欄が出てくる。
1段目はユーザー名、2段目がパスワード。
その下の欄には、キャンセルとサインインがある。
操作は、どうすればいいの?
posted by 悪を切る父ちゃん at 11:46| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

「いじめ後遺症」を治療する方法が最近、脚光を浴びていますが・・・

人間の生き方に多大な悪影響を及ぼす
「いじめ後遺症」を治療する方法が最近、脚光を浴びていますが・・・
それは、そう簡単にはいきません。
精神科にかかっても、
幼児期から小、中、高、大学と進んでいくとき、
いじめはエスカレートこそしても、なくなることはありません。
ここで、告白します。
思えば、67歳になっても真面目すぎるほど真面目な私。
こんな優しい父親でも、
小学生のころ、ひとりの生意気な後輩をいじめました。
その後輩を私自身が殴ったのではなく、
私の配下(当時は私は親の威を借る番長みたいなものでした)
の3人組にやらせたのです。
私は後輩を彼らに「殴れ」と言ったことはありません。
配下が勝手に気をまわして、
「俺たちの親分(私のことです)の陰口を言った生意気な野郎を
ぶちのめしてやる!」と息巻いていたのです。
後輩は頭がよく、その後、中学を経て唐津東高校という
地元の名門に入学するのです。
そして彼が高校3年になり、大学入試が始まるころ、
父親がギャンブルに手を出してしまいます。
やがて後輩の家は破産し、先祖代々から伝わる田畑や山林を失い、
郷里の名護屋村から夜逃げしてしまいます。
ついていなかったのでしょう。
後輩が可哀そうでした。
たとえ成績優秀でも、親が破産して夜逃げしたら、もうどうしようもありません。
後輩は真っ暗な夜道をうなだれて海岸の方向へ、とぼとぼ
歩いていきました。
彼がその後どうなったのか、誰も知りません。

当時、幼いと言っても、ちんぴらの真似をしていた
凶暴な「浜の悪の3人組」から廊下に呼びつけられたその後輩は、
最初はきょとんとしていました。
呼びつけられる理由がわからなかったのです。
後輩は、粋がって、強がっていて、態度もふてぶてしく、
ちびのくせに目をむいてきました。
こりゃあ駄目だな、浜の悪がきに叩きのめされるかもしれないな。
私はそう思いました。
その後輩は、まったく謝らないのです。
「なんも悪いことはしとらん」
後輩はただ強がっていたのです。息巻いていました。
すると、背が高く、ぎょろ目で、すぐかっとなるY君が
その後輩を殴りつけました。
生意気だった後輩は、いきなり強烈なパンチを受け、
2,3メートルほど吹っ飛び、廊下の床に叩きつけられました。
血だらけの顔で後輩は私をにらみつけました。
数年前まで、私が彼を可愛がっていたことを思い出しました。

暖かい春休みの、それはうららかな、ある日の午後・・・。
わが家の近くの、日のよく当たる農家の縁側に、
私たちは上級生も下級生もなく仲良く並んで腰かけ、
少年画報や少年サンデーなど分厚い月刊誌を
回し読みしていました。
陽光をたっぷりと浴びながら、漫画を読み終わったら、
私の家のそばの広大な田んぼで、野球をやるのが常でした。
後輩は背は小さかったのですが、運動神経が素晴らしく、
当時の長嶋のようなプレーを見せてはヒーロー気取りでした。
彼が少しぐれてきたのは、それから
だいぶ経ったころです。
父親が酒乱になり、母親と彼に暴力を振るうようになった時期です。
その後輩を、私は勉強を見てやり、弟のように大事にしていました。
ボタンの掛け違いではありません。運命の悪戯でもありません。
なにがそうなったのか?
朱に交われば赤くなる・・・。
この例えだったのかもしれません。
おもえば、50年も昔の良き時代の一コマです。
勿論、後日談はあり、私が東大を目指して猛勉強していたころ、
朝の通学の時間です。
背後から、オートバイがすごい爆音で接近しました。
撥ねられる!と私はたまらず、でこぼこの県道に転がりました。
オートバイの男は、私に近づき、
「このやろ!」と言って平手で殴って来ました。
何が起きたのか、わからず、呆然としていました。
Uターンして戻ったその男は、後輩の父親でした・・・。
私の顔は、はれ上がり、鼻血がだらだら流れ出ました。

やっとのことで、起き上がった時、坂の上から大きな黒い去勢牛が
私めがけて突進してきました。
私は、もう終わりだと思いました。
見上げた真っ青な大空に、大好きな友のばあちゃんや、名護屋のばあちゃん、
そして父母、兄姉の顔が浮かんでは消えていくのです・・・。
後で近くの農家のおばさんから聞いたら、
私は気絶し、仰向けに倒れたそうです。
そうして、突進してきた黒くて大きなその去勢牛は、
私の身体の上を、うまい具合に走り抜けて行ったのでした・・・。
危機一髪。
すんでのところで、私は助かったのでした。
あのバイクの男が私を殴らなかったら、私は牛の角で一突きにされ、
命を落としていたはずです。
今も、故郷に帰ると、その光景を思い出します。
なだらかな畑の斜面の向こうに、
真っ青な空と穏やかな玄界灘、そして箱庭のように小さな島々が浮かび、
おいしい空気が流れていました。




posted by 悪を切る父ちゃん at 10:48| 千葉 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

フランスの大統領選挙、極右の女性候補に人気が集中してきた。

フランスの大統領選挙、
どうも頭がおかしいと思われるトランプ大統領のように、
フランス第一主義を旗印にする極右の女性候補に人気が出てきた。
彼女は、フランスの国境を封鎖して、
フランス人以外は入国を拒否するという
はちゃめちゃな政策を掲げている!
そして彼女がフランス大統領になる可能性も出てきたのが
心の底から恐い。
世界中に疫病が蔓延している。
純血主義というか、ホロコーストに繋がる民族主義が拡散している。
600万人のユダヤ人を虐殺したヒトラーは、
この星のどこかに、ひょっとすると、まだ生きているかも知れない・・・。
くわばら、くわばら・・・。
posted by 悪を切る父ちゃん at 06:33| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ずいぶん綺麗になった髙梨選手、52勝目をあげ、もうすぐ大記録に並ぶって

ずいぶん綺麗になった髙梨選手、今シーズンの
アーストリア大会で52勝目をあげ、もうすぐ大記録に並ぶって
凄すぎる・・・。
posted by 悪を切る父ちゃん at 06:22| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

小学校も中退せざるを得なかった歌人、「鳥居」さん。

「キリンの子」という歌集で注目された歌人、「鳥居さん」の半生記は
涙ながらにも、彼女の受けた拷問に近い肉体的、精神的いじめは
あの孤児院で生まれた。
いまどき、女の子を全裸にして周の前で躍らせる!という孤児院があったのか?
考えるだけでも閉鎖された恐ろしい社会。
なぜか、彼女、つまり鳥居さんは、実の母親に虐待され続けた。
その母親もその両親に虐待されたと言う…。
そんな、非道というか、めちゃくちゃな家庭って、本当にあるのだ!
信じられますか、小さな女の子が独りぼっちになって
預けられた場所が恐怖の館、ある暴力孤児院だったという事実。
噓でしょう!
年端もない、何の悪いこともしていない女の子を
殴ったり、蹴とばしたり、挙句の果ては小学校中退で世の中に放り出す!
そんなことを平気でやらせる、孤児院の先輩が蠢いている、
こんな悲しい社会が実際にあるということ・・・。
鳥居さんは
台湾にも招かれていった。
台湾では、13年間も牢獄に繋がれていた政治犯のお年寄りが
鳥居さんの手を取り、
ただ一言、「頑張りましょう!」と涙をこぼしていた。
大勢の老人が悲しい自分の過去を短歌にしていた。
鳥居さんは
孤児院でいわれのない虐待を受けるうち、何度も自殺しようと思った。
檻に監禁されて、小学校にも通わせてくれなかった孤児院。
しかし、その苦しい日々の中で
神様は、
鳥居さんに一冊の詩集を渡す。
「吉井さんの詩集」だった。
鳥居はその詩集を漁るように読み、心にぐさぐさ入り込んでくるのを
必死で受け止め、死ぬことをやめ、
自分も
吉井さんのような
短歌を書き始める…。
壮絶というか、世の中捨てたもんじゃないのは、
「現代短歌」という出版社が全国大会で佳作に入った鳥居さんに
希望をもたらしたこと・・・。
なによりも、鳥居さんに生きる目的を見いだせたこと。
そんな
ひどい人生を一人で生き抜いて、
日の当たる坂道を歩き始めた
セーラー服の天才女性歌人、「鳥居さん」の歌集を繙いてみてはいかがですか?
「キリン」の歌集がおすすめです。
posted by 悪を切る父ちゃん at 18:15| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

マティス国防長官、今日、来日し、安倍総理を表敬訪問。その後、稲田ちゃんと会談するが…

マティス国防長官、今日、来日し、安倍総理を表敬訪問。
その後、あの日本の防衛大臣、稲田ちゃんと会談するが…。
大丈夫なのかしら?
日本の弱っちい、女性のストッキング国防大臣が、
狂犬と言われる、
超大国アメリカの国防大臣と
丁々発止と堂々と持論をいえるのか?
はなはだ、心もとない。
もともと
小池都知事のような豪傑とは違う性格の、おっとり弁護士だった稲田防衛大臣・・・。
もうそろそろ強面の男性の大物を持ってこないと、
アメリカはおろか、中国、ロシアになめられ続けて
終わってしまいますよ。
この国の防衛は…。
posted by 悪を切る父ちゃん at 09:06| 千葉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

「2.5次元」の演じる「弱虫ペダル」がなんと100億円以上のチケットを売り上げているとは!

今、多くの若い女性達に大人気の「2.5次元」が
演じる「弱虫ペダル」。
迫力が違う。
新しすぎる!
なんと100億円以上のチケットを売り上げているとは!
全く知りませんでした。
若者の演技集団である「2.5次元」。
舞台で、自転車で疾走している若者を集団で2時間も
続けて演じるという過酷な舞台。
それに若い女性が夢中になっている。
すごい迫力。圧倒される演技と声と汗と音楽・・・。
この「弱虫ペダル」という漫画は
佐倉市が舞台になっていて、とてもうれしいのです。
posted by 悪を切る父ちゃん at 07:45| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

WBCの大黒柱となるはずだった大谷翔平、なんと足首のけがで打者はOKだが投手はX!

とても残念でならない。
世界トップクラスの剛速球を投げるあの日本ハムのエース、大谷翔平投手。
今回のWBCは直前に被った右足首のけがで、
投手としては出場は無理だとわかった。
大谷翔平が試合に出るとすれば、
打者の道があるというが・・・。
posted by 悪を切る父ちゃん at 23:47| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする