2015年05月31日

又吉さんが三島由紀夫賞を逃した!1票差で!

これは大ニュースですね。
あの、お笑いの又吉さんが書いた小説「花火」が、(純文学のですよ!)
三島由紀夫賞にノミネートされました。しかも最終候補に残ってしまいました。
それだけでも大変なことなのに、(別にお笑い芸人を卑下してるつもりはありません。
下手なサラリーマンより、何十倍、何百倍も稼いで所有している動産、不動産は溢れるほどの
お方がうようよ。どこかおかしいでしょ。人を笑わせるだけで、そんなに稼いでいいのか?
苦しんで親子心中している真面目な人が多数いるのに!もっと所得税を上げてくれよ!
話芸だけで、人を笑わせて、何億円も不労所得を稼ぐ連中から!ほとんど税金で巻き上げてくれよ!)
これは悲痛な叫び。よく革命が起きないな、このおめでたい国!
***閑話休題***
又吉さまは、わずか1票差で三島由紀夫賞を逃しましたとさ・・・。
だからどうだっていいたいの?
このくそ熱い日曜日に!
どうでもいいよ、そんな個人的なこと。いいえ、ことは、重大です。
というのは、毎日テレビで見ないことはない、自著を出版もし、ベストセラーにもなった、
お笑い成金、松本。
芸能人所得番付のトップ3に入る、あまりにも有名なタレント、松本人志が、
「読んでもいないのに、『又吉さん』が書いた小説『花火』をテレビで絶賛。え?うそお!
本当です。「これは素晴らしい!歴史に残る傑作だと」
それをいけしゃあしゃあと(松本は頭はいいらしいが、視聴者を馬鹿にしているその根性がよくない)
こちょっと喋って年に何千万円か何億円か稼いでいるが、ふざけんなよってーの!!
日本中が見ているテレビ番組で、そんなこと喋って、よく許されるなあ!!普通は首だよ。
さらし首。読んでもいないのを、絶賛して、それを平気でテレビでしゃべりまくるよなあ!
今に罰が当たるよ。庶民を馬鹿にするにもほどがある。お前は何様だと思っているのだ!
お前は、もうすぐ、炎上するだろうね。早く国外へ逃亡した方がいいんとちゃう?
テレビの電波は、公共のもの。当たり前でしょ。
のさばっているのは、これが分っていないお馬鹿ばかり。
ああ、いやな世の中だねえ。
posted by 悪を切る父ちゃん at 16:02| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

19歳の田中恒成君を世界チャンピオンに育てたのは、元バンタム級世界チャンピオン畑中監督

「天才は天才を育てる」
この言葉通り、世界ランク6位の強敵を第1戦目でいとも簡単に破った
高校生を、「こいつ(田中恒成)は、5戦目までに世界戦のタイトルマッチに挑戦する
逸材に間違いない!」と見破り、育てたというエピソードが話題に。
すごいのは、そのことばを上回る大器で、あっという間に世界チャンピオンンのベルトを
巻いて日本中を驚かせて、なおかつ平然としていること。
あれだけプロ中のプロに無数のパンチを浴びながら、試合が終わったら、田中君のその顔はきれいで、
多少唇を切ったくらい。これには驚きました。抜群の抵抗力、忍耐力、体躯の頑強さ。
畑中元世界チャンピオン達に、相当鍛えられた結果だ。
相手から重いパンチを数多く食らったと思われるその上半身も、びくともしなかったように見える田中恒成。
鋼鉄のからだか?柔らかにしなうので、ダメージがあまりない。まるでボクシングのために生まれてきた、
天性の全ての素質。すべてを持ち、すべてに耐え、そして世界の頂点に立った田中恒星。
おめでとう。
posted by 悪を切る父ちゃん at 07:53| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

若干19歳で世界チャンピオンに!天才、田中恒成、日本新の速さ

昨日のボクシング中継、わが目を疑いましたね。
デビュー後、わずか5戦目で世界タイトルマッチに挑戦。
しかも若干19歳。そして田中恒成本人は、一見、なよなよとした色白の秀才のよう。
手足も細く長い、見るからに感じのいい好青年。唇は女性と見間違うほどきれいな赤い色。
頬は紅潮していて、まるで紅顔の美少年を地で行く。挑戦者田中恒成!
これで野獣のような世界チャンピオンと互角に戦えるのか?
めちゃめちゃに叩きのめされ顔は破裂、赤き唇も切り裂かれ、
そして試合開始1分で、恐らく軽くノックアウトされ、リング上に大の字になって夢も
終わりだろう・・・。日本中のボクシングファンの誰もが、間違いなく、こう思った。
しかし、そう思わなかったのは、挑戦者、田中恒成のセコンドとそのチームの仲間達。
自信があった。妙な自信。中盤まで持ちこたえれば、試合はもつれ込み、或いは、チャンスがくれば、
世界チャンピオンを必殺パンチで一撃で倒すかも知れない。それは一縷の望みだったのだろうか?
対して相手の世界チャンピオンは、上から下まで申し分のない肉体。そう見える。
鍛え抜かれた、無駄のない筋肉は、大観衆が見守るリング上で光り輝き、隆々として他の追随を許さない。
多少の緊張感はあるが、顔面は自信満々。文字通り、歴戦の強者、実力で勝ち取った世界チャンピオン。
フットワークも軽く、閃光のように風を斬るグローブの動きを見て、
誰もが、挑戦者の無残な敗退を予測しただろう。
ところが、である。
中盤からグロッキーになったと思われた田中恒成、7回には見違えるほど変貌。
正確なボディブローで相手のスタミナを奪うと、クリンチに逃れる世界チャンピオン。
それを見て、世界中が、どっちがチャンピオンか、目を疑っただろう。
こうして、中盤以降、挑戦者、田中恒成がマシンガンのように繰り出す、目にも留まらぬカミソリパンチは、
確実にチャンピオンの顔面をヒットし、血だらけ。その目は腫れ上がり、よく見えなくなっていた・・・。
鍛え抜かれた鋼鉄の体は、どこへ行ったのか?
12回をフルに戦い抜き、ゴングが鳴り終わった時、初めは、とてもひ弱に見えた、
わが田中恒成君の顔は、ほとんど傷ついていなかった。相手のパンチをなんなく避けてしまったのだ。
そして、試合は終わった。
19歳の青年は、わずかデビュー5戦で世界の頂点に立ってしまった・・・。
恐るべきボクシングの申し子、世界チャンピオン田中恒成、ここに参上!!
感動して涙が出てきて、もう、とまりませんでした。
野獣の殴り合いを見たのに、それで感動するなんて、どうかしているよ。
ともかく不思議なスポーツです、ボクシングは。
野獣の殺し合いなどではない、神々しいほどの神聖なスポーツなのでしょうね。
posted by 悪を切る父ちゃん at 01:32| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年05月30日

お笑いの「タンポポ」のコンビ、顎長民族の白鳥さんと不細工女、川村さん。どちらが危ない?

お笑いで有名になった「タンポポ」のコンビ、
白鳥さんー顎が超長い芸人と、川村さんの食生活にいったいどんな問題が?
出席した多くのの中で、脳、心臓ほか、大事な部類が最悪の女は
いったい誰でしょう?
酒やビールを毎晩大量に一気飲みし、はしご酒に徹する持てない女、
あごなが一族のスター、白鳥さん?
いいえ。
では、仕事でストレスがたまるため、異様にやけ食いする川村?
はい。間違いありません。でも何とかなるかもしれません、と名医。
タンポポの川村さんは、大変です。検査結果は、
くも膜下出血につながる脳動脈瘤が発見されたのです。
さらに
もうひとつの重大な病。それは、脳血管に腫瘍が見つかったことです。
MRIの3D検査で発見されました。
脳の血管に海綿状血管腫が少しづつ増えているのです。
「脳の血管の海綿状血管腫」はじめは小さいのですが、やがて、葡萄のように
次第に房が増えていくのです。恐怖!!
これが大きくなると意識障害や麻痺が起きて、最悪は、突然死んでしまう。
そういう脳の病の場所。
川村さん自身に、3か月前に頭痛の自覚症状がありましたが、まさかこんな病気とは?
川村さんの脳の腫瘍は良性腫瘍だった。名医がいいます。「手術で摘出すれば治る」。
「悪性はそうはいかない。がんだから、切っても切っても、また出てくる。
しつこいし、まるでいたちごっこ。いやですね・・・」




塩分の取りすぎ。続きを読む
posted by 悪を切る父ちゃん at 14:07| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

東国原さん知事になってから今はタレント活動中、宮崎県で再々再婚

東国原さんは、突然死する恐れがあると名医が診断している。
彼は、
朝食も昼食も二人分も食べている。
同じメニューをずっと食べ続けている。
焼酎のお湯割りを毎晩8敗も飲む。

これでは・・・彼は
脳梗塞と
血管の石灰化に襲われてしまいあっという間に死んでしまう。
との名医たちの診断・・・。

どうします!東国原さん!
記憶力がなくなってきた
物忘れがひどくなってきた
その理由は;全身の血管の石灰化!これが進行していくと、恐ろしいことが
起きてしまう。全身の血管が、ガラスのようにもろくなったり、
破れてしまう恐れがある。致命傷になる。大変まずいのだ。
東国原英夫さんの、心臓の3DCT画像を見ると、
もっとも大切な心臓の冠動脈の石灰化が進んでいた!!
彼の頸動脈の狭窄はすすんでいるが、現在の狭窄率は60%。

彼は、まだ大丈夫だが、首を通る頸動脈、
つまり、心臓から脳につながる重大な血管も大変なことになっている。

彼の頸動脈の凶作率は65%以上なら手術必要。
posted by 悪を切る父ちゃん at 13:44| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

健康な人のLH比は2なのに小金沢は3以上。超悪玉レムなんとxxx高コレストロール

庄司さんの頸動脈にプラークがあった!!1.3ミリ
プラークが傷つくと
血管が壊れて、剥げるとプラークが脳に達すると
脳の血管が詰まってしまう。

首の血管。
首をマッサージしてもらうと、プラークが剥げて心臓に入り
詰まってしまう。
小金沢さんは、35年間、たばこを40~80本毎日吸ってきた
ASTの数値  xxx114
ALTの数値 xxx
 ガンマGTPxxxの

咽喉ガン 肝臓がん  のおそれがあり、小金沢昇司さんは、現在スター歌手だが
そのうち、声が出なくなるどころか、がぼろぼろになっていく。
そして肝臓がん等で早死にかも・・・
酒もたばこも一日も早く(最低2週間は)きっぱりとやめて、
検査を受けて、なんともなかったら、それは奇跡だそうです。
あるいは、正常値に戻るかも知れないと、ある医者は言うが、しかし

名医たちは、まずもう手遅れだろうと言明している。その場で隠れて煙草を5,6本吸っていたところを
長男に見つかってテレビでみんなにばらしてしまった。
もうだめだな、小金沢昇司さん、昇天だね。



posted by 悪を切る父ちゃん at 13:30| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

「ピッチ・パーフェクト」を見たいです!!

素晴らしい女性歌手!xxxxさん。

posted by 悪を切る父ちゃん at 10:33| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ついに出た、老人ヒーロー「パットマン」は、むなしく巣鴨駅でスマホアンちゃんに殴打され、あっけなく死んでしまうのか?まさか、こんなに口之永良部島が噴火で地獄となってしまうとは・・・

フランスなどで実施している国民のための重要な国家政策は「社会住宅」だそうです。
効きなれませんが、いわゆる「社会住宅」。
これが非常によく機能している。
欧州の中で福祉制度が進んでいる国では、「福祉は住宅に始まり、住宅に終わる」と言われている。
では、我が国はどうだろうか?
日本の「持ち家制度」がもともと失敗。
先日の火災事故。
川崎で無残に焼き殺された無職の、生活保護で食べていた老人たち。
哀れと想え山桜
花よりほかに
知る人もなし・・・
いったい、行き場のない老人は、日本中に何十万人いるんだろう。
社旗福祉士の藤田孝則さんは、住宅に関していい話。を披露している。
あなたは、「朝起きて、さあ、働こうか!」と思いますか?
思う人は幸せ、恵まれた方です。
しかし、こんな劣悪な家・・・3畳一間の、古くて狭くて、
うだるように暑くて、むさくるしくて、隣の部屋は毎晩騒いで、うるさく眠れず、
月6万円もする汚い部屋には、汚い虫がいる・・・。
これが彼らの現実です。
身寄りも財産も仕事もなんにもない老人が、市役所に行って手続きを取り、
やっと生活保護をもらうには、現住所が必要だとか。そこで、簡易宿泊所が斡旋される。
ドヤでも、毎日2000円払えば、住所になる。こんなことを市役所が老人に教えている。
なんてことだ。
月に6万円も出せば、佐倉市などでは、中古の一軒家が借りられるはず。そう思うでしょ。
でも、これは、比較的若くて、しっかりした職があればの話。さらに保証人もいればの話でした・・・。
そんなのその日暮らしの老人にあるわけがない。ま、棄民と言うことでしょ。
負けは負け。生きていく資格はない・・・ひどい国だ!
都心の数億円のマンションに住む成金や、芸人が札びらを切っているのに、多くの
貧乏老人は切り捨てられていく。棄民・・・。
川崎市のあの簡易宿泊所の火災で敢え無く死んでしまった老人たちは、まだいい。
大やけどを負ったり、大怪我をした老人たちは、なんの文句も言えない。
さらに働けなくなり、さらに貧しくなり、死んだ方がよかったと嘆いているのでは?
生き残った彼らは、さらに地獄へ突き落さるる。
誰かが、偉そうにふんぞり返って、高給を食み、貧乏な老人に、こんなひどい仕打ちをしてとぼけている、こ生まれ変わったら、だれが、こんな国に住みたいと思うだろうか?
そんな環境にしたのは行政。
持家制度なんて人間収奪の政策だったのに、団塊の世代が結婚し始め、住む所を探し出す、
そんな危機がすぐそこに来るとわかっていたのに!!
「夢のマイホーム」なんて言葉にマスコミや資本家階級に、テレビや歌で騙され始め、
数千万人のサラリーマンたちはみんな踊らされて、結果的に何千万円もの住宅ローンを銀行に
組まされ、生命保険にも入らされ、火災保険も入り、インチキ土建屋にいっぱい食わされ、そのうちに
東葉高速鉄道が佐倉まで延伸されて、地価が暴騰しますよ!なんて不動産屋にそそのかされ、ついに
なけなしの金を頭金にとられ、ちっぽけな家を買わされてしまうのです!
ひどいはなしだ。国家的犯罪。こんなことって当たり前ですか?
年収の5倍、10倍、20倍、30倍もの土地・建物ををローンで購入するなんて、キチガイじみている。
長い間、夢に見て頑張ってきた一戸建てがついに手に入る!嬉しいですか?あさはかな夢。
佐倉駅から歩けない距離の雛壇の上に建つ夢のちっぽけな一戸建て。
夢の赤い屋根、白い壁と狭い庭。小坂明子の「あなた」という歌が滅茶くちゃ流行していたそのころ・・・。
幸せでしたか?
ところが、10年たっても、20年過ぎても、約束の東葉高速鉄道は来ない。騙されたと気が付いたころは
時すでに遅し。バブルははじけ、地価は大暴落。大金持ちがさらに大金持ちになったが、
多くのサラリーマンは首を吊ることも出来ず、その一生を、企業社会、銀行等に貢いでいくことになる。
そこで初めて壮大な国家的プロジェクトに騙されたとわかる・・・。
当時、地価も建設費も毎年毎年上がり、このままでは、一生賃貸かと誰もが諦めていた
。それなのに、国家が金融公庫を使って、めちゃくちゃ貸しまくった。
サラリーマンはバカだった。無理に金を集めて、やっと手に入れたのは、マッチ箱のような、風邪が吹けば
吹っ飛ぶような、しかし、手に入れたのは、ピカピカの、出来立ての新築注文住宅・・・。
庭には芝生を敷き詰め、ゴルフのスイングの練習をし、ブランコを置き、娘と遊び、夜は満天の空を
仰ぎ、「しあわせだなあ・・・」なんて思わせて・・・。妻は喜び庭には薔薇の花が咲き乱れ・・・。
ところが、すべては、夢だった・・・。いいですか?片道がですよ。
日比谷や霞が関など、都心へ通勤するのに、二時間もかかる郊外に買わせられ得た50坪の土地。
住宅ローンが払えなくなったら差し押さえ、そうして一家心中した人が多数いる。
と言うのに、サラリーマンが一生かかっても払い終わらない数千万円の住宅ローン・・・。
ほくそえんでいるのは、誰だ?
若い頃に、1億円ほどの生命保険にはいると、掛け金は安いが、
歳とったら、掛け金が滅茶滅茶高くなって生命保険にも入れない。
もし、65歳くらいで病気であっけなく死んだら、財産もあまりない場合、
なまぐさ坊主に払う葬式代もなくて、結局、そのひとの遺骸は
無残に九十九里浜にでも打ち捨てられてしまうのだろうか?空しいねえ。
川崎市の、老人焼死事件は、現代の日本が根本的に解決すべき問題を内包し、それが
思いがけなくも表面に出てきた。今の日本には、なんと820万戸も空き家があるというのに
金のない奴は、簡単に焼死してしまうような安アパートや、簡易宿泊所に詰め込まれている。
みんな大人しいよね。力も出ないよね。夢も希望もない毎日だよね。
じゃ、一体、どうしたらいいのさ。どうしようもないが・・・そろそろ自民党と公明党が
どんな政党なのか、しっかりと実態を把握してくださいよ。インチキ政党なのだから。
一方は、政財界軍事産業と大地主たちと結託している自民党。
もう一方は、創価学会と同じ母体の公明党。
民主主義と政治の基本理念は、政教分離ではなかったのですか??そうでないと
過去の歴史がたどった道をまた繰り返すことになりませんか?
ヒットラーと同じです。発想が。金まみれの爛熟資本主義の現代ニッポン。
日本国憲法は、「日本国民は、すべて、健康で文化的な最低限度の生きる権利がある」
なんてほざいているが、画に描いた餅だった。
為政者は、この日本をいったいどうするのか?プランが見えない。
今問題になっている800万戸も空き家があり、増え続ける今・・・。
家を無理して買って、死んだ後も、巨額の住宅ローンが残る。
そこで膨大な金利・金額を銀行が稼ぎまくる。
それに便乗して、銀行以外の金融機関、郵便局、政府系金融機関、不動産業者、金利生活者、先祖代々の
大地主達・・・。いいですか、屋久島の隣の風光明媚な之永良部島が、
たった一髪の大噴火で地獄となってしまうとは、誰もが考えもしなかったことでしょうか?
近くの屋久島や種子島で地震噴火とうを何十年も研究してきたはずの、
東大地震研究所は、一体、どう申し開きをするんですか?
どんな予知連絡を研究してきたの?
記者会見で、所長が、「死者が1人も出なかっただけ、よかった・・・」
なんて甘い言葉を吐いちゃだめですよ。
プロ中のプロが、津波も、大地震も噴火も、まったく予測できないなんて、金返せですよ。
2,000年のxxxxの大爆発。これが全然教訓になっていない。
閑話休題。

「哀しきパットマンの生涯」
拡がるストーリー
JR巣鴨駅の構内。山の手線に乗換のため京成のホームから上がってきた足腰が弱い彼は、
どんと言う音と同時に、右腕に激痛が走った・・・。
何が起きたのか、パットマンは一瞬、わからなかった。
スマホばっかりいじくりながら前を見ずに急いでいた若い男が、
彼の足元の近くに散らばったスマホやエロ雑誌を必死でかき集め始めた・・・。
おかしいのは、「すみません。おけがはありませんか?」とぶつけられて、
痛がっている老人に声もかけずにささくさと逃げて行ったこと。
これはダメだ。線路のそばのホームの上だったら、老人は電車に轢かれ死んでしまったかもしれない。
右腕の痛みはだんだんひどくなってきた・・・。
【続く】

良い小説が浮かんできましたよ。
その名も【マントをひるがせ今日も行く!庶民の味方、老人パットマン】
バットマンのぱくりではありません。念のため。


posted by 悪を切る父ちゃん at 08:44| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

競歩のマスターズ・アジア大会で金メダルを取った方の凄さ

私の仕事仲間というか、大先輩で、今はもう75歳を超えてらっしゃる方
がいますが、競歩を始めてから50年とか。
そのうちに大先輩は、マスターズ陸上競技大会・競歩部門の千葉県代表となり、それから
東関東代表、東日本代表、そしてついに日本代表へとのし上がっていきました。まず練習、練習、練習。
大先輩の凄さはここからです。お住まいの京成臼井駅から、佐倉、成田を通り越して、成田空港駅まで、
なんとこの距離を往復、走って通勤されたのです。さらにすっごいのは、空港の近くでビールを
1ダースも、飲み干した挙句、佐倉の居酒屋でもまた6本のビールを飲み干し、
帰りの終電に遅れたため、佐倉から臼井まで、線路を走って自宅まで帰られた伝説の人なのです。
富士山をビール6本飲んだ後、思いリュックを背負って頂上まで登攀された逸話も
語り草です。この大先輩、10年もしないうちに、世界レベルになり、
私たちと約束された通り、競歩の65歳級マスターズ・アジア大会で
見事に、金メダルを取られました。
大先輩は、その本物の金メダルを祝勝会のカラオケ会場へ持ってこられました。
金メダルをかじりたければ、何回でもいいから、じっくり味わって
齧ってもよいとおっしゃったので、ついつい、ぺろぺろ舐め回したら、
やはり金の味がしました。それから祝杯が始まりましたが、宴はとどまることはなく、
2次会、3次会、4次会まで続き、やはり、終電に乗り遅れた大先輩は、
京成佐倉から臼井駅まで、線路を走って(本当はいけないのですが)自宅にもどられました・・・。




posted by 悪を切る父ちゃん at 23:34| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

全仏オープンテニスで、44歳のクルム伊達公子、ダブルスで2回戦へ

凄いですね、44歳のクルム伊達公子さん、全仏オープンテニスに出場、
ダブルスで見事1回戦を勝ったのです。
しかも、ダブルスを組んだ相手が、これまた34歳の美人テニスプレーヤー!!
堪りませんね。次も素晴らしいプレーを期待しています。
あの、若い頃、必ずアップされた可愛いえくぼの、いい女だった伊達公子さんは、
私たち団塊の世代の永遠のアイドルなのです。
伊達公子さん、次回もがんばってください。

posted by 悪を切る父ちゃん at 23:12| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

大日向暁子さんをご存知ですか?

何年前だろう、あのカンヌ映画祭で
新人なのに
少年柳樂君は、最優秀助演男優賞を取ってしまった!!
それからが大変だった。
あまりのシンデレラボーイになったために、柳楽君は悩める少年になり、
自信を喪失、そこで悩み続けた…。
ずっとテレビや映画にも出なかった柳楽君がテレビにやっと出てきた。
彼の名前と顔をやっと覚えたとおもったら、今朝の熱いニュースで
65歳のおばあちゃんが、マスターズ世界陸上の世界新記録を達成したことを報じていたこと!!
その方が大日向暁子さん、65歳、お孫さんも何人もいる、れっきとした
日本のおばあちゃんです!
その方が陸上マスターズの世界新記録を打ち立てた。
世界のアスリートの中の超人。
それは、彼女の陸上競技と実生活に染み込んだ、
血と汗と涙に隠された、疾風怒濤の生涯・・・。
がんばりましょうね、私達昭和24年生まれ、丑年、同じ年、65歳の仲間たち。
昭和24年は、なんとその数、296万人も生まれた世代。
いわゆる団塊の世代、N0.1!!
これは日本記録だそうです。
ずっと破られない記録。永遠に・・・。
かなり悲しい話です。
posted by 悪を切る父ちゃん at 08:27| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

全仏オープンの錦織選手、難敵ベルッチ相手に激闘

全仏オープンテニスの錦織選手、難敵ブラジルのベルッチ相手に
熱いフランスで激闘の果てしない繰り返しが続く。
クレーコートの5セットマッチ。
ベルッチは相当強い。
少し錦織が疲れが出て休むと、ノックアウトされそうになる。
しかし、長い闘いのあと、錦織は結局3対0で、
あっけなくというか、危なげなく、じっくり見ていない人には、
軽くストレート勝ちしてしまった。
次は3回戦。
そして、グランドスラムへ突き進んでいく…。
posted by 悪を切る父ちゃん at 07:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

ロングブレスダイエットで大成功した美木良介さんをご存知?

もともと俳優、声楽家ののですが、ロングブレスダイエットで大成功した御仁。
今はモナコで休暇中だとか。
57歳にして
昔は筋肉隆々だったのですが・・・
今はぶくぶく太ってしまったようです。
終わり
posted by 悪を切る父ちゃん at 08:37| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で久坂玄瑞の凄さを実感

NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で、吉田松陰斬首の巻を見て以来、
精神的に参った私は、体調もすぐれず、気分が悪くなり、しばらくこの【花燃ゆ】を
見なかった。
しかし、今晩、奇兵隊を率いて下関沖で欧州の戦艦を砲撃した久坂玄瑞の人間の凄さを
垣間見て、この日本を命を賭けて守る男の生き様の素晴らしさを実感、
当時の攘夷がいかに厳しい戦いになるか、知りつつも挑まざるを得なかった久坂玄瑞。
彼を見守りに来た妻、文の涙が何とも言えず、悲しかった・・・。
posted by 悪を切る父ちゃん at 21:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で久坂玄瑞の凄さを実感

NHKの大河ドラマ「花燃ゆ」で、吉田松陰斬首の巻を見て以来、
精神的に参った私は、体調もすぐれず、気分が悪くなり、しばらくこの【花燃ゆ】を
見なかった。
しかし、今晩、奇兵隊を率いて下関沖で欧州の戦艦を砲撃した久坂玄瑞の人間の凄さを
垣間見て、この日本を命を賭けて守る男の生き様の素晴らしさを実感、
当時の攘夷がいかに厳しい戦いになるか、知りつつも挑まざるを得なかった久坂玄瑞。
彼を見守りに来た妻、文の涙が何とも言えず、悲しかった・・・。
posted by 悪を切る父ちゃん at 20:55| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ミャンマーの少数民族、ロヒンギャの悲惨な歴史に震えが止まりません

ミャンマーの少数民族、最下層の「ロヒンギャ」の虐待され続けてきた悲惨な歴史に震えが止まりません。
「ロヒンギャ」は、数百年も前からミャンマーに住んでいるのに、国籍もない。
たとえ、病気になっても、病院のある隣町へ行くことも許されず、死んでいくしかない。
仕事のない村から仕事のある都会へ移って働くことも出来ない。
結婚するにも、警察の許可証が必要。
すべてに、最下層の烙印が押されていて、人間としての最低限の自由が保障されていない。
世界中の誰もが「ロヒンギャ」のことを正確には知らされていなかった。
ミャンマーは、彼らを生贄として利用していた・・・。
いったい、漂流船の6,000人の「ロヒンギャ」を誰が救えるのか?
日本にもかなりの人が逃げ込んできたが・・・
posted by 悪を切る父ちゃん at 20:23| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

法政大学が開幕戦に投入した森田応手は、一年生

90年の東京六大学で、
1年生で開幕戦に登板し、見事に勝利投手になったのは、わずか、3人だけで、
そのメンバーは、宮武投手(1927年?)、早稲田のハンカチ王子、そして
今回の法政大学の森田駿作(?)投手。
つまり、30年にひとりしか
現れない逸材、天才中の天才投手しかいない。
さきほど、その1年生投手が、昨年の秋のリーグ戦の覇者、慶応を
零点に抑え、勝利投手に輝いてしまった。
しかも、その森田投手、日本代表にも選ばれた、慶応の副キャプテンをきりきり見させて、
6回投げて、慶応から10個の三振を奪ってくれた・・・。
こんなすごい投手が入った法政が、あろうことか、5月23日(土曜日)には、
なんとあの永遠のびりの東大に6対4で敗れる波乱・・・。
今日も東大に負けたら、六大学のびりになる可能性もある・・・。
posted by 悪を切る父ちゃん at 11:53| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

労働者派遣法改正案はとんでもない悪法では?

今国会に提出して、採決に持ち込もうと自民党と公明党が画策している
「労働者派遣法改正案」は、実はとんでもない悪法ではないでしょうか?
派遣先企業は、いっしょくたに「派遣切り」という嫌な言葉に不利な扱いをされてきた。
派遣先企業といっても、当然ながら、ピンからキリまであり、一概には言えないが、
今の国会議員たちの代表が集まった討論会では、現場の「派遣」で苦しみながら
必死に働いている人たちの苦しみが現れてこない。
派遣労働者の中には、仕事も出来て優秀なキャリアが多数いる。
また正社員とほとんど変わらないか、それを凌駕する能力を持つ派遣社員も多数いるのは
周知の事実である。派遣社員と言えども正社員と同様の力がある。
しかし、両者には大きな格差があり、これが従前から大問題になっている。
仕事内容は変わらないのに、社会保障や給与など格差があまりにも大きい。
派遣労働者は、低賃金のうえ、交通費も自腹が多い。この負担は大きい。
佐倉から東京都心へ通勤するだけで、一日往復2、500円かかる。
派遣労働者は、たとえ、いい条件の仕事が見つかっても、交通費負担の問題だけでも、都心へは、通えない。
まして、女性が、派遣労働者である時に、いざ、出産・育児となると、休暇を取れず、
殆どのケースで退職しなければならない。
派遣労働者には女性のほうが圧倒的に多い。
また、正規全労働者の37.6%が派遣労働者の割合で、毎年増加している。
現在でも、約4割が派遣労働者なのである。
労働問題は、マルクス・エンゲルスにさかのぼるまでもなく、
まさに労使を超えた、国家100年の大計、そして世界中の先進国の共通の問題であることを
私たちは、けっして忘れてはならない。
労働問題の先進国、ドイツ、フランス、イギリス等の試行錯誤をよく観察しておいた方がよい。

posted by 悪を切る父ちゃん at 09:27| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

先日クレソンを栽培する話を書きましたが・・・

がん、心臓病、高血圧、脳梗塞、糖尿病、認知症・・・
嫌な病気のオン・パレード。
こんな難病が
たった一つの野菜で治るかもしれません。
それが「クレソン」です。
今、日本中でいいいえ、世界中で大評判になっている「クレソン」。
ブラジルでは、とても安価に買えるらしいのですが、
ここ日本ではびっくりするぐらい高価で、しかもなかなか手に入りません。
そこで、「クレソン」の自宅栽培です。
余ったクレソンの茎を一本、コップに水を入れ、1週間ほど、日当たりのいい、
窓際に置いておきます。
また1週間して水のみ交換します。
こうして1,2か月すると、新芽が伸びてくるのです。
それからさらに、2,3か月もすると、小さな葉が伸びてきます!
少しかじって食べられる大きさになったら、次々に栽培を始めましょう。
でも、どこにも売っていません。誰かが買い占めてしまったようです。
しぶとくネットなどで、探しましょう・・・
posted by 悪を切る父ちゃん at 06:47| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

よかったね、東大、やっと連敗を94で止めた

ひとごとながら、天下の東大、勝ってよかったね。
あのセミプロ軍団、法政大学野球部をやっつけたのですよ!
勉強しかできない、東大生が、セミプロ、野球しかやったことがない、法政大学を、なんと6対4で
堂々と負かしたのです!これを快挙と言わずして何が快挙かな?
東大さんは、2010年秋に早稲田をやぶったのが最後、
それから足かけ、5年間ほども負けてばかりいて、一度も勝ったことがない。
どちらかと言えば、ふがいない六大学のお荷物だったが、連敗をついに止めた。
おめでとう!と言おうかな?
連敗もあとすこしで100連敗になるところだった。100連敗なんて惨めで、ふがいなくて、
よわっちくて、情けなくて、穴があったら入りたい。それが、ついに勝ったのです!
強敵を堂々と打ち負かして!嬉しいでしょうね、
天下の負けず嫌い大学No.1、東大生達よ!
こんど負けたらもう帰れ。神宮から消えてしまえ。なんてね。
posted by 悪を切る父ちゃん at 18:24| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。