2014年05月31日

5人の女子高校生が100人の悪人と戦う映画?

見たいですねえ、早く映画館へ行ってみたいですねえ。
アクション映画『ハイキック・エンジェルス』
映画「ハイキック・エンジェルス」で過酷な撮影、あざは当たり前という
主演の宮原華音は、すごい美女!!
 5人の女子高生が空手や武術、バレエの技を駆使して
100人の悪人と戦うという
アクション映画「ハイキック・エンジェルス」が6月14日に公開される。
主演女優の宮原華音が、スタントマンを一切使わない過酷な撮影を振り返った。
宮原は小学5年生の時に、全日本少年少女空手道選手権大会で優勝した腕前の持ち主。
高校3年の現在も、モデル、女優として活動しながら空手を続けている。
撮影前に半年間、アクションの稽古に参加。映画では、跳び蹴りや上段蹴りなど、
170センチの長身と長い手足を生かしたダイナミックな技を披露している。
ワオ!!「『蹴るひまがあれば突け!』という指導方針の道場だったので、
蹴りはへたくそなんです」と明かす。
殴られたり、突き飛ばされたりの体当たり演技で
「稽古の時から、擦り傷やあざは当たり前」
2週間の撮影中は、他の出演者たちとあざの形や大きさを比べ合っていた。
「共演者にあざマニアがいて、大きいものや、変わった色や形のあざを
写真に撮っていました」と笑う。  

映画「ハイキック・エンジェルス」に主演する宮原華音は、
とにかく、いい女!
posted by 悪を切る父ちゃん at 17:51| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

50円が、最高払戻金3億円に!新馬券、6月1日から発売

貴女も買いませんか?
驚かないで!
50円が、なんと最高払戻金3億円になります!
この新馬券が、6月1日から発売される!
 南関東4競馬場(東京・大井、埼玉・浦和、千葉・船橋、川崎)は
明日6月1日から、インターネットを通じて50円から購入できる新馬券を発売する。
指定された3レース全ての1、2着馬を着順通りに当てる「トリプル馬単」で実施する。
通常の馬券は100円単位だが、特別区競馬組合(大井)によると、
50円から買える馬券は全国初という。
 4競馬場が運営するインターネット馬券購入サービス「SPAT4」で発売する。
最低購入金額が50円で、以降10円単位で買える。
最高払戻金は50円に対して3億円。
組合は「手軽に参加して高額払い戻しが期待できる」とPR。
 トリプル馬単は最終レースまでの3レースが対象。
6月1日の大井開催レースからスタートし、浦和、船橋開催レースでも実施するが、
川崎開催レースの発売開始時期は未定といいう。
楽しみですね。
posted by 悪を切る父ちゃん at 11:40| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

中国、危ないなあ…

中国は、
過去、何百万人という少数民族を
いいですか、
殺戮してきましたが
未だに
懲りずに
続けている・・・なんという民族か。

これが大国と言えるのか?
posted by 悪を切る父ちゃん at 16:12| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年05月06日

不思議です。北朝鮮国籍保有者の入国は禁止されているはずなのに

不思議です。
北朝鮮国籍保有者の日本への入国は禁止されているはずなのに?
彼らは、堂々とわが国の玄関、成田国際空港へ降り立った。
その数、13人もの北朝鮮選手団。本当に胸を張って入国した。
いったい、どうなってるのだろう?
さらに、彼らは、5月5日まで東京の国立競技場等で開催された
卓球の世界選手権団体戦に出場。東京で楽しい時を過ごした。
そんなことって、許されると思いますか?
これまで、長い間、何人もの若い日本人を拉致、誘拐、監禁しておきながら、
スポーツと政治は別だと言えるのでしょうか?
冗談じゃありません。
日本国民は、断じて彼らの入国を許してはならないはずです。
なのに、彼らは、本日、成田空港から離日し、北京経由でピョンヤンに
返ってしまった。
空港での発券前に、特設の荷物検査場が設営され、
選手団が東京で購入した卓球用品やお土産などがすべて没収された。
当たり前です。
実は、政治とスポーツは別だと、自民党の大物が法律の解釈を曲げて、
特例ビザ(査証)を発行したので、日本で買い物をしてはいけないことを
北朝鮮の選手は誰も知らなかった・・・。
少し可哀相に思えた。
ところで、拉致された大勢の日本人は、これからいったい、どうなるの?
心配でたまりません。

posted by 悪を切る父ちゃん at 17:25| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする