2013年11月30日

これはやばい!元韓国兵と接触を図った米国人を、あの北朝鮮が拘束!!

朝鮮中央通信は、朝鮮戦争に従軍した米国人、メリル・ニューマン氏が、
今年の10月に「敵対行為」を行ったとして、北朝鮮が身柄を拘束したと報じた。
罪を自白したとする謝罪文も公表した。北は、釈放を条件に、米国を対話に引きずり出すための
揺さぶりとみられる。
 同氏の拘束は、訪朝に同行した知人らの証言で発覚したが、
北朝鮮が報道を通じて事実を確認したのは初めて。
北朝鮮は今回、謝罪するニューマン氏の写真も発表する異例の対応を取った。
聯合ニュースによると、高齢の同氏は心臓疾患を抱えており、
米国に釈放交渉を急がせる目的との観測がある。
 朝鮮中央通信によると、カリフォルニア州在住のニューマン氏は、
朝鮮戦争に国連軍部隊の顧問として従軍。10月17日に観光目的で訪朝した際、
南西部・黄海南道でかつて北朝鮮軍と戦った後、同国に残った元兵士らと接触を試み、
韓国の退役兵団体と連絡を取らせようとした、と主張している。
具体的な容疑事実は伝えていない。
以上
(2013年11月30日19時34分 読売新聞)
posted by 悪を切る父ちゃん at 20:05| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

中国が危ない。日本と再び戦争したいのか?

中国が戦闘機を尖閣上空に飛ばしてきた。
やばい。
誰もがそう思った。
一触即発。
米運2機、自衛隊機10機がスクランブル発進!!
あわや
日米連合軍と中国軍と戦争か?と思われた。
短期戦では、
日米連合軍に中国軍は叩き潰されるはず。
それぐらい
戦闘能力、装備水準が違うという、軍事評論家。
その後がむしろ、怖いという。
何百万と言う民兵が中国で飢えているらしい。
ウエタル魂は、何をやるかわからない。
その時、アメリカは、核兵器を使用して、自日米軍を守り抜くことが出来るのだろうか?

posted by 悪を切る父ちゃん at 15:54| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

ふるさと納税とヘルシー牛丼を知っていますか?

ふるさと納税とヘルシー牛丼を知っていますか?
この奇妙な組み合わせは
NHKが放送したものです。

posted by 悪を切る父ちゃん at 08:21| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年11月18日

インドネシアとテヘランに住むたった一人の日本人の運命

世界一、島の多い国家インドネシアの奥深くの未開の村(パプアニューギニアの西側)で
全裸で生活する〇〇族と一緒に暮らすたった一人の中年の男性と
戒律厳しいテヘランに嫁いだ46歳の一人の日本人女性の運命を
見た時。私はなんて幸せに過ごしているのだろうと恥ずかしくなった…。

posted by 悪を切る父ちゃん at 22:24| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

『めでぃきゅっと』という靴下をご存知ですか?

『めでぃきゅっと』という靴下をご存知ですか?
脳梗塞等にかかり、
その後遺症で
片麻痺のため、右足があまり回復していません。
その状態で
以前の勤務先まで、バスや電車を乗り継いで通い、8時間から9時間超
働くと、帰るころには、右足が麻痺して痛くて痛くて
動けなくなります。
出勤時に、ごく普通の靴下をはくと、右足がむくんでしまい、痛くて
歩けなくなります。
何とかしようと、整形外科へ行ったり、行きつけの内科医に相談に行きますが、
もう2か月ほども右足の痛みに苦しんでいます。
会社を辞めれば、確かに痛みは消えるでしょう。
同時に
私の人生も
消えるのです。
そこで
看護婦さんに教えてもらったいい靴下が
『めでぃきゅっと』という銘柄の靴下なのです。


posted by 悪を切る父ちゃん at 13:56| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

フィリピンを襲った台風30号は、あまりにも残忍・・・

フィリピンを襲った台風30号は、あまりにも残忍・・・
驚くなかれ、フィリピンのレイテ島やその他の島々の死者の総数が
1万人を優に超えて、その数は定まらないという。
行方不明、死者の数が刻々と増えてゆく状態。
本当に恐ろしい。家を失くし、家族を亡くし、夢も希望もなくしてしまった
あまたのフィリピンの人々。
即座に救援に飛んだのは、やはりアメリカだった。
ドイツも早かった。
次のグループに、日本が入った。
国力の差なのだろうか?
世界を見渡して、苦しむ人々を助けるのは、究極の人道だと分かる。
いずれにしても、当然だが、まず自分が豊かでなければ人は救えない。
しかし、自分が飢えても他者を救う人がいる。
考えさせられる。
わが国は、あまりにも飽食ではないだろうか?
もったいないほど、食料を捨てている国。
やめようよ、こんな無駄なこと。
捨てる食料があれば、すべてフィリピンの人々へ送ろうよ。
当たり前のことをやろう。
今からでも遅くはないよ。
posted by 悪を切る父ちゃん at 13:06| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする