2013年03月15日

全米に日本のリニアを張り巡らせよう!

全米に高速鉄道網を張り巡らせるオバマ政権の計画が新たな段階を迎えている。
リニアモーターカー構想が浮上し、2月に訪米した安倍晋三首相が技術協力を提案。
西海岸では年内に一部区間が新規着工する。雇用創出も兼ねた重要政策だが、
一方で財政問題など計画実現に向けて多くの課題も出てきた。
安倍首相は、自信を持って「大統領にアピールできた。このために汗を掻くいてきた甲斐があった」
 ワシントン駐在のJR東海関係者は笑顔を見せる。JR東海は米国のコンサルティング会社と組み、
米政府関係者にリニアの将来性や日本の技術力を訴えてきた。その集大成が2月22日の日米首脳会談。
「日本のリニア技術を導入し、日米協力の象徴としたい」とトップセールスをかけた安倍首相に、
オバマ大統領も関心を示したという。ただし、まだ正式な決定はされていない。
 具体的な建設計画は未定だが、首都ワシントンとメリーランド州の大都市ボルティモアを結ぶ
64キロがリニア建設区間の最有力候補に浮上している。
 オバマ政権は2011年2月に、インフラ整備や地球温暖化対策として、
高速鉄道整備に6年間で530億ドルを投じると発表。
バイデン副大統領は「渋滞を減らし、雇用創出にも役立つ」と強調。
新たな鉄道建設のほか、既存路線の高速化も進める方針だ。
全米に日本のリニアモーターカーの鉄道網を張り巡らせる!
なんという強力な日本経済の味方が現れた。世界に冠たる日本の超高度な技術。
いよいよ、人類のために、貢献できる時代になった。
輝く未来は、すぐそこに来ている。

posted by 悪を切る父ちゃん at 09:21| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

中国、国家主席に習近平共産党総書記(国家副主席)を選出

中国、国家主席に習近平共産党総書記を選出。
中国の第12期全国人民代表大会(全人代)は、胡錦濤国家主席の
後任に、習近平氏を選出した。
これで、集近平氏は、党、軍、国家の三つの国家権力を
正式に掌握したことになる。10年間中国を
率いた胡錦濤は完全引退する。

posted by 悪を切る父ちゃん at 00:01| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

自民党は、TPP参加表明するというが

TPPの罠に捕まると
わが国の農業、畜産業、水産業他
第一次産業はおそらく5年以内に壊滅状態に陥る。
それなのに、安部政権は、よく吟味もせずに
TPPに参加表明を明後日、行うという。
日本の水田は雑草が茂り、超高級米のみが
お金持ちのために生き残り、普通米は一俵も出回らなくなるだろう。
農業で飯も食えなくなって
あとを継ぐ若い人は、この日本からいよいよ消えてしまう。
信じられない。
米の自給率は低くても、大したことはない。と安部政権は偉そうに言うが
日本の農業を潰していいなんて、誰が言うのだ?
こんな男は、国賊と言われ放逐されるのが
平成の2.26事件なのだが、誰も怖がって、自己保身にきゅ休している。
数人の勢力がTPPに猛反対しているが、
多勢に無勢だ。
しぶしぶ賛成している陣笠さんは、来る7月の参議院選挙で
壊滅状態になるのがわからないらしい。
自民党に公認されないと政党助成金がもらえず
路頭に迷うから反対も出来ないらしい。
これでは、自民党もやっぱりダメ。
posted by 悪を切る父ちゃん at 11:07| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

新ローマ法王に、アルゼンチンのベルゴリオ枢機卿!

新ローマ法王に選ばれた枢機卿の名前は、ベルゴリオ氏、南米アルゼンチンの
ブエノスアイレスが出身と言う。北米、中米、南米から法王が選出れたのは、
史上初と言う。長い間、法王は、アメリカ大陸には無関係とされてきた。
歴史がそうさせたのだ。
新しい法王は、フランチェスコ1世と命名され、地球上の信者数が
凡そ12億人以上と言われる世界最大の大宗教、
カトリックのトップに君臨することとなった。
スキャンダルまみれの、あのアメリカの枢機卿とは違う、まともな人物らしい。
人格は、素晴らしく一点の曇りもない。
当たり前だが、聖職者という名前にベルゴリオさんほど、ふさわしい人物はいない、
ということであろう。
ともあれ、こどもを弄ぶ性犯罪者のような枢機卿が選ばれなくてよかった。
部外者で仏教徒の私にとっても、なにかほっとするgood news でした。
世界が平和でありますように。

posted by 悪を切る父ちゃん at 05:30| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

ワンピース休載に!

ワンピースの作者、尾田栄一郎氏が急病のため、週間少年ジャンプの
連載が急遽中止となった。
『ワンピース』と言う漫画は、テーマが海賊魂のせいか、
作者尾田栄一郎は、奇跡的な回復力ですっかり元気になリ、あの『ONE PIECE(ワンピース)』を3月25日発売号から、再開するつもりだという。全国のワンピースファンの
胸をなでおろした。

わたしも脳梗塞で入院中、
あまりの面白さに、一時間で読了した『ワンピース』。
テーマは海賊の話なのに、いつのまにか、
人生、どう生きるか?の哲学的漫画と変貌していく。
わたしが書いている『倭寇と元寇』という大河ドラマとは
ストーリーも違うし、物語の中心を流れるいわゆる『思想』も違う。
しかし、大いに参考になる。
『ワンピース』とは、それほど面白い漫画を超えた一流哲学漫画なのだ!

posted by 悪を切る父ちゃん at 05:15| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

北朝鮮、移動式ICBM実戦配備か?

非常に危険な北朝鮮。
アメリカに
核ミサイルで先制攻撃を仕掛けて
ワシントンを、火の海にしてしまうと、本気で言っている。
参謀総長が国家放送で発表した。
アメリカは
既に
暗殺部隊を
北朝鮮に
潜入させたが、実行できるのか?
金正恩第一書記は
若いだけで、軍部から脅されて危ない掛けに出ようとしている。
アメリカのCIA特殊部隊も
闇のうちに処刑荒れているとしたら、
北朝鮮を泊められるものは
誰もいない。
中国とロシアも核ミサイルを発射する準備を始めた。

ああ、
神よ。
助けたまえ。
罪なき数億人の人々が
巻き添えで
命を奪われようとしている。
posted by 悪を切る父ちゃん at 14:55| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

侍ジャパン、オランダ相手に阿部選手が1イニング2本塁打で圧勝!

今日勝てば、侍Japan,アメリカ行きが決定する12日の
対オランダ戦で、なんと4番キャプテン阿部DHが、まず同点ホームランを放った。
それが口火となって、何と言うことか、打者一順の猛攻で
侍ジャパンは、一挙8点を挙げた。
このイニングで日本代表の4番、阿部がまたホームランを放ち、本人も
びっくりする1イニング、2ホーマー!
終わってみれば、オランダを10対6で粉砕し、グループ一位で通過、
12日の深夜、アメリカへ向かって成田空港を離れた。
3月18日、午前8時半から準決勝。
残念だが、私は、仕事で、見るわけにはいかないが、
隣の喫茶店で中継を見ればいいかな?
posted by 悪を切る父ちゃん at 00:46| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

WBC二次ラウンド!相手は強敵台湾

ダルビッシュも、イチローもいない侍ジャパン。
今日、台湾に負けるともう後がない。
3連覇を前にして、すごすごと引き下がるのか?
今、4回表。台湾に1対0とリードされている。
ツーアウトになって、糸井が鋭い2塁打を放つ。
そして、1、3塁になったが、期待された平成生まれの中田は、
ショートゴロに倒れた。
なんとなく嫌な予感。
同点にするのが、こんなにも難しいとは。
5回裏、ワンアウト2塁で台湾にチャンス!
ここで3番がタイムリー2ベース。摂津投手は、あっさりと2点目を献上してしまった。
こうなっては、侍ジャパン、体ごとボールにぶつけて塁に出るしかない。

posted by 悪を切る父ちゃん at 20:40| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

北朝鮮、アメリカを脅すなんて身を滅ぼすぜ!

北朝鮮は、核爆弾を製造し、
それを小型化に成功した。
長距離ミサイル発射にも自信をもち、大陸間弾道弾(ICBM)を
発射して、
ワシントンを火の海にしてしまう!
なんて、馬鹿なことを言って、あのアメリカを怒らせた。
本気で、アメリカが逆襲すると、北朝鮮の政権はどうなるか?
一瞬のうちに、ピョンアンは壊滅するだろう。
頭の悪い国の親分が、
核ミサイルをおもちゃにして、超大国を相手に喧嘩をふっかけて
喜んでいる。
馬鹿な!
アメリカCIAは、既に北朝鮮の奥深く潜入し〇〇総書記の摩擦を狙っている。
アメリカは、広島、長崎の悪夢が再び実現しないうちに、
全力を挙げて、北朝鮮の鬼の首を早くとるべし。
平和な朝鮮半島に戻さなくてはならない。
同じ朝鮮民族が、再び殺し合う戦争なんて、ひどい話だ。
朝鮮戦争でもう終わりにしないと!


posted by 悪を切る父ちゃん at 13:11| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

PM2.5 千葉県でも高濃度!外に出た途端、目が痛くなり・・・

PM2.5が、千葉県でも高濃度!
屋上に出た途端、私は目が痛くなり、開けていられなくなった。
家の中に入って目を洗っても
目の痛みは、なかなか消えない。
これでは、仕事もうまくできないだろうと思うと
末恐ろしい。
中国は、世界第二の経済大国になったというが、
大気汚染大国の悪名高き大国でもある。
北京では、マスクなしでは、街も歩けないという。
情けない国だね。
私たちは、
ガスマスクのようないかつい防護マスクをつけないと
外界を散歩もできないらしい。

posted by 悪を切る父ちゃん at 12:58| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

二年前の大地震の時、命懸けで500人を救った消防士達

NHK特集は、すごい画面を放映。
二年前の関東大震災。
自らの一命をかけて、多くの被災者達を救った消防士達の姿。
改めて、人の命を救うという困難な仕事に、我を忘れて取り組む人々の姿に感動した。
人は、これほどまでに、己を捨て、他者を救おうとするのか?
神々しいまでの意思。

自分の家族が津波に襲われているかも知れない時、
あなたは、消防士だからと言う理由だけで、家族よりも他人を救えるだろうか?
あなたの家族が、どんなに努力しても助けに行けないほど孤立した漁村に
取り残されたていたら・・・。
NHKは、洪水のごとき大きな反響をもたらす、極めて恐ろしいビデオを
思い切って放映した。
ある縛りが取れたかのように。
これまでの被災地の画像には決して現れなかった、津波に流されゆく人々の表情とその実態。
赤い屋根に立ちあがって、おーい、おーい!と必死に助けを求めて叫ぶ親子のような二人の姿。
みるみる、太平洋に流されてゆく…。
無残な姿。
見ている私たちは、ただ茫然とするだけだ。
スーパーの駐車場で襲いかかる10メートルの大津波に逃げ惑う人々。
助けてくれえ!
という断末魔の悲鳴までも、テレビを通じて流れてくる。
やがて、牡鹿半島の孤立した漁村で飢えと寒さに苦しみながら、
人間の尊厳を最後まで捨てず、生き抜こうと頑張る人々のさまざまな姿が
映し出される。
救援は来ない。
道路が寸断されていて、誰も孤立の村まで辿り着けないのだ。
恐らく、孤立無援の多くの人々は、死を覚悟していただろう。
救援船が、沖まで近づいても、スクリューが海に浮かぶ瓦礫の網や
巨木が絡みつくと身動き取れなくなってしまうからだ。
せっかく、海から救援に来たのに、目の前で、立ち往生。
みんな、泣いていた。

ところが、神は見捨てなかった。
2011年3月17日、牡鹿半島の孤立した漁村の人々に救援物質を届けに来た、
第2海王丸という三重県の漁船。
その社長の一存で遠洋航海に出ていた、その漁船が戻ってきたのだ。
荒れ狂う太平洋で、マグロを獲るため特注された、第二海王丸には、ある
装備をつけていた救命ボートを搭載していた。
それはすごい発明だった。
五代目の社長の祖父、八十八さんが、
スクリューに魚網が絡まないように、鉄格子でスクリューをカバーしていたのだ。
また、その第二海王丸の乗組員の五割がインドネシア人だった。
彼らが金にならない救援活動にそっぽを向いてもやむを得なかった。
しかし、彼らはみんな、社長の救援活動に喜んで参加した。
それは、数年前、インド洋大津波で、20万人以上が死んだとき、
日本人が命がけでインドネシア人を救援してくれたという。
『今度は、自分たちが、日本人を助ける番だ。俺たちに任せてくれ!』

こうして、喰いものも底をつく寸前に、牡鹿半島に取り残された人々は、
やっと救援されたのだ。


続く。
posted by 悪を切る父ちゃん at 05:55| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

安全地帯の玉置浩二さんが旭川の母校を39年ぶりに訪問

安全地帯の玉置浩二さんが、卒業以来39年ぶりに
故郷の旭川の神居中学校を訪問して、
後輩を励ます歌を披露した。
そして、玉置浩二さんが『メロデイ』という歌を謳うと
感動して泣き出す中学生もいた。
その日は、玉置さんの両親が迎えた結婚60周年目の記念すべき日だった。
心温まる親へのプレゼントが
息子の39年ぶりの
故郷への
里帰りだったのだ。
posted by 悪を切る父ちゃん at 23:14| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

さむらいJYAPAN初勝利!

それにしても、ブラジルはしぶとく、強かった。
圧巻は、ベンチでじりじりしていた阿部選手が、
満塁の場面で代打で登場。
キャプテンの意地を見せ、タイムリーな2塁強襲打。
同点からさらに逆転の足場を作った。
足が折れても構わない、そんな阿部選手の走塁に
テレビで見ていた私たちは、胸を打たれた。
プロの魂。
最期に
キャプテン阿部は、満員の大観衆に
『今日の勝利は、皆さんのご声援のお蔭です。明日もぜひ球場へ応援に来てください』と
インタビューに答えた。嬉しさと感動で流れ出しそうな涙を
歯を食いしばって我慢していた。
阿部選手、よかったね。最高の場面で、最高の打撃が出来て。
posted by 悪を切る父ちゃん at 22:51| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

脳梗塞から生還したひとりのサラリーマンの物語

『空港父ちゃんの日記』をほぼ、1か月ほどお休みしていたら
空港父ちゃんは、いったいどうしたの?
まさかまた重病で入院しているの?
という励ましの嬉しいメールが何通も・・・

私は、まだ生きています。仕事の段取りを、やっと思い出して、仕事をこなすのに、
ひとの3倍から5倍はエネルギーが必要となる私には、通勤だけで
もうくたくた。そうなると、小説の代わりに始めたブログも、一行も書けない。
悲しいことです。
私に残された、たったひとつの楽しみ。
それは、
文章を書くことなのです。
大すきだったお酒もカラオケも、麻雀やゴルフやスキー、渓流釣り、海釣り・・・
果ては、海外旅行、飛行機を使った国内旅行・・・
誘われても、すべて断らないといけない。脳梗塞の私には、すべて無理なのです。
下手すると死んでしまうことに・・・。
みなさんがたと私の生きざまの間には、大きな隔たりがあるのです。
でも、生きていればいいことも、あるんですね。
10年ほど前、ある理由で、心のバランスを崩した私は、妻の制止を振り切って
突如、ロサンゼルス経由、ラスベガスに行きました。
全財産をすった私は、グランドキャニオンを遊覧する14,5人乗りの双発の
プロペラ飛行機に乗り込み・・・
しかし、はるか1000メートル下の峡谷には、ぽつんぽつんと灯りがともり、
魚をとって人々が暮らしているとガイドから聴いて、
そこで、はじめてはっと我に返ったのです。
私は、なんてぶざまな生き方をしてきたのだろう。

一文無しになって日本へ舞い戻ってきた哀れな男。
それがこの私。
そのうえ、いつの日からか、私の頭から爪先まで悪霊が住み付き
恐ろしい白昼夢を見せるのです。
仕事どころではありません。
さらに、
腸閉塞に苦しみ、敗血症に罹った私は、何度も危篤になりました。
それから3年後、
ふたたび私を襲った魔の病は、
『脳梗塞!』
しかし、奇跡的に脳梗塞から脱け出せた私は、
そろばんや電卓、ボールペンどころか、箸も持てず、ひとりで歩くこともままならず、
トイレに連れてってくれと、深夜、大学病院の脳外科病棟で
ナースコールを必死に押し続ける・・・
そんな
闘病生活が続きました。60キロあった体重は、退院時に39キロになっていました。
死ぬことを覚悟していました。
そこから私は這い上がり、抜け出して、何とか、もとの職場に復帰しようと悪戦苦闘。
それはそれは、本当に、地獄の苦しみでした…。
しかし
奇跡は起きたのです。
私は車いすを手放し、妻や子供たちの介添えからも離れ、何度もなんども倒れながら
負けるもんか、負けるもんか!
その一心だけで
脳梗塞と闘って来ました。
そうして、自分一人で大地を歩き、走り、バスに乗り込み、荷物をかかえて
満員電車に乗り込み
通勤客に跳ね飛ばされながらも
職場までなんとかたどり着き…職場に駆け込むのです。
ほんとうに辛かったのは、
半年、一年前に簡単にできたことが、
なぜか
何も出来なくなっていたのです!
私は、私の脳細胞は、いったいどうなってしまったの?
涙も出ません。
もしや、私は、廃人になってしまったのだろうか?
恐ろしい陥穽だけが私を待っているようで、怖くて怖くて、堪りませんでした。
誰にもこの悩みを打ち明けられないのです。
それほど生きていることが嫌なら、苦しいなら、いっそのこと、きれいさっぱり辞めてしまえば?
職場も、人生も、何もかもきれいさっぱり、やめてしまえば?
そうすれば、あなたは楽になりますよ!
そんな悪魔のささやきが、毎日毎日聞こえてくるのです。
身体は小刻みに震えて泊まりません。
なぜ私は、こんな苦しみを味わわなければならないの?
長い長い一日が過ぎるのをひたすら待ちました。
耐える、それしかないのです。
ドストエフスキー短編に、囚人がバケツの水を何度も運んでは、中身の
水を捨てさせる、それを果てなく繰り返させる。そんな小説を思い出しました。
それは、いわゆる『針のむしろ』だったのです。
みんながサクサクと仕事をしているそばで、
ただじっと8時間椅子に座って彼らを見ないように、しかし、
見て仕事を思い出すこと・・・
これが退院後、4か月自宅からリハビリ施設へ通院し、元の職場へ戻った6月の私の仕事でした。
なにせ、当時の私は、恐ろしいことに、頭も体も空っぽになっていたのです。
これが脳梗塞から還って来た私の初仕事なのです。
その拷問は、30日間も続き、みんな、いつ私がギブアップするのか、
見守っているようでもあり、邪魔者扱いしているようでもあり、
63歳にもなって、家庭の事情で会社を辞めることも出来ない、
みじめな人とみている人もいました…

そんなもんです。
人間なんて、みんな、そんなもんなんです。
第一、彼らには何の関係もないのです。
私が生きようが死のうが。
ただ、迷惑をかけるか、そうじゃないか。

いや、素晴らしい人々は、います。
自分の家族や親友、そして、私が生まれてきた時から、私をずっと長い間、
どんなことがあっても暖かい目で見守り続けてきた人たち。


続く
posted by 悪を切る父ちゃん at 16:05| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする