2011年08月31日

室伏選手、最高齢36歳で金メダルはすごすぎる!世界陸上の華だ。

室伏選手、史上最高齢、あの鍛えぬいた鋼鉄のような身体で、36歳!
その年齢にもかかわらず、ハンマー投げで金メダルをゲット!!
室伏選手は、世界一になった。
文字通り、正真正銘の世界一。実力で取った金メダル。
ここに金メダルの、大いなる価値があった。

前回の五輪で、室伏選手は、たしかに金メダルは取ったが、
その時は、一位の選手がドーピング検査で失格となり、たなからぼたもちの感覚で
金メダルが
転がり込んできて、
本人もあまり嬉しくはなかった。

正々堂々と闘った結果の金メダル。
室伏選手は、まさに、それが欲しかった。
堂々と闘った結果の金メダル。
今回は、まさしく、威風堂々の世界一だ。

感動してテレビの前で涙を流した日本人は、どれだけいただろう。

こんなに頑張っている日本人選手がいる!

36歳で、あれほど心身を極限まで苛め抜き、鍛え上げるには
並大抵の努力ではない。
血の出るようなトレーニング。
修業僧と変わらぬ精神の鍛練。
いくつもの辛いきつい困難なハードルを越えて、ついに、
世界の頂点に達した室伏選手。

ありがとう。

もう挫けないよ。


東日本大震災や、東電福島原発事故などで、完膚なきまでに叩きのめされた
被災地と被災者。
超円高が追い打ちをかける。株価急落。不景気による倒産の増大…。
政治空白。中国や韓国、ロシア、北朝鮮が、弱っている日本の固有の領土を!
弱みに付け込んで侵略しようとする。

こんな、弱弱しく落ち込んでいる日本と日本人に
室伏選手は、大きな希望を抱かせた。
国家と国民を守るには、もう、政治はあてにならない。

自分たちで守ること。

これを教えてくれたのが室伏選手の
金メダルだった。

かれは、ハンマーを投げる時、全力を振り絞り、競技場を揺さぶるような、
人間ならぬ、大きい素晴らしい声を上げた。

『頑張れ!ニッポン!おれは、ついにやったぞ、世界一だ。
 日本も、だから、がんばれ!!』

室伏選手は、ついに世界陸上でも金メダルを実力で取ったのだ。
陸上の華だ。
鏡だ。

日本の救世主の一人となるだろう・・・。

posted by 悪を切る父ちゃん at 03:31| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

アウトオブブレイク!殺し屋の蚊が東京を襲う!

知っていますか?

アウトオブブレイク!
殺し屋の蚊が東京を襲う!

近々、大変なことが起きる!

①【 大震災発生!】
9月10日は、エレニン惑星と太陽、月、地球が一直線に並ぶ。
過去、いずれも大地震が勃発。
② 【 アウトオブブレイク 】
原因:東京は地球の5倍の速さで熱くなっている。
東大医科学研究所による。
デング熱。1億人患者。死の運び屋【蚊】
東京で数万人かかる可能性。

ヒトスジシマカ!こいつが怖い。

足と手が白い縞模様の蚊に要注意。
東京は、アスファルトとコンクリートで固められているので、蚊が繁殖しやすい。
特に墓地に蚊が多い。墓石の前の筒の中やくぼみに
くさった水を放置。水を殆ど取り換えないことが蚊を繁殖させる!
昔と違って蚊の天敵が少ない。農薬などのために、蚊の天敵のメダカや
金魚が減ってしまった。 
マラリアにかかると、世界中で年間100万人が死亡している。

コガタ アカイエカは、日本の水田に多い。これに食われて日本脳炎に
かかると厄介。
マラリア蚊に食われると、マラリアに感染する。
  
*********
ワクチンがない感染症。
【ウエストナイル熱】
1999年~ニューヨークで3万人の患者。2千人死亡。有効なワクチンなし!
   ********
蚊の対策。→ ①水たまりなくす。②金魚やメダカなど蚊の天敵を飼う。

【人食いバクテリアの死亡例。】
2000年ころ?発症。
旭中央病院、感染症科。中村部長が診断。
感染症患者。入院。あらゆる症状。発熱、嘔吐、下痢、その他。
当日は激痛の右足に真っ赤な水ぶくれ。翌日左足も激しい痛みと水ぶくれ。
血圧急降下。足の筋肉が壊死。
敗血症と急性腎不全等を併発。そして、あっという間に、
入院してから46日で死亡。

原因は、【人食いバクテリア=ビブリオ バブルテクニカ】だった。
人食いバクテリアに食われると、まず足の筋肉が壊死し、そして、
体中に菌が広がり、ほとんどの患者は、3日以内に死ぬ。
それほど恐ろしい感染症。
この菌は水温が20度を超えると繁殖。
東京は、地球の温暖化のスピードの5倍の速さで熱くなっている。
ここに、人食いバクテリアが猛烈に繁殖するという理由がある。

これが、いわゆる、【 アウトオブブレイク! 】なのだ。
 
  蚊を決して甘く見ないこと。
posted by 悪を切る父ちゃん at 18:17| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

やはり、いたちだった、管総理。最後のイタチッペは北がらみ。


第95代内閣総理大臣に、戦後3番目に若い54歳の
野田佳彦財務大臣に決まった。

船橋高校から早稲田大学政治経済学部に進学、
松下政経塾に入塾した。その時、最後の面接で
故松下幸之助しに、

『あなたはお金持ちですか?野田君?』と聞いた。

野田義彦氏は、
『いいえ、中の下です。地盤も看板も鞄もなにもありません』
と答えた。

松下幸之助氏は、『よし!』と答えたという。

民主党代表選挙第一回目の選挙では、143票を獲得して、第一位だった海江田君は、

その後の決選投票で、野田君に、わずか38票差で敗れた。

捲土重来である。

こういう時期、菅首相は、この期に及んで、なんということか、
『朝鮮学校の授業料無償化再開』を指示した!
いったい、管総理は、なにを考えているのか?
管総理は、退陣が決まっているにもかかわらず、
退陣直前に、大変な裏切り行為を唐突に指示した。

 菅直人首相は、8月29日、午前、首相官邸で高木文部科学相と会談し、
昨年11月の北朝鮮による韓国砲撃を受けて中断している朝鮮学校授業料無償化手続きについて、
「無償化手続きが止まっている状況なので、再開してほしい」と指示した。
これを受け、文科省は審査再開手続きに入った。
 朝鮮学校の授業料無償化をめぐっては、首相自身が北朝鮮の砲撃を重く受け止め、
手続き停止を指示していた。その後、北朝鮮情勢が改善されたわけでもない。
退陣直前に唐突な指示を出した首相の姿勢は、与野党から批判を招くのは必定。

菅首相、最後も思いつきで、朝鮮学校授業料の無償化を「唐突」指示。
これで、なりふり構わぬ管首相と北との腐れ縁の、疑惑は真っ黒である。
管総理の発言。
「北朝鮮は砲撃事件前の状態に戻った」
これには、さすがに耳を疑う。
管首相は高木氏に手続き再開を指示した際、こう語ったらしいが、
首をかしげざるを得ない。

枝野官房長官も、記者会見で
「国際状況を分析してきた結果、一定の結論を得た」と指摘した。
 だが、これは後任首相となる野田財務相の判断を待たずに勝手に結論だけを押しつけ、
管総理が責任を取らずに逃げたようなものだ。
 確かに、北朝鮮は金正日総書記が
「核を巡る6カ国協議への無条件の復帰を望んでいる」
と表明するなど一定の軟化の兆しを見せてはいる。
だが、これまでも核実験や韓国哨戒艦撃沈など暴挙を繰り返しており、
人間性は変わってはいない。
そういう、日本を襲うかという北朝鮮。
最後の最後まで、日本人を拉致した北朝鮮を庇う、おかしな男、
それが管総理大臣だったのだ。
ようやく、その裏切り者が総理の座から去る。
遅きに失した。
posted by 悪を切る父ちゃん at 13:57| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

民主党代表選、一時泡沫候補の野田氏、決戦で勝つとは?

面白かった昨日の民主党代表選挙、

久しぶりに各候補の生の声と

その姿を見て、

興奮した。

この5人のだれが日本国の総理大臣となって

今まさに滅びんとしている日本の民主主義を

立て直すのか?

それとも、どこかの国の傀儡となって国民を地獄へ突き落すのか?

しかし、海江田君はおしかった。あと一歩で、慶応でのまともな総理が誕生!というところで、
またしても足を引っ張られた。海江田君の取り巻きが悪すぎた。

焦った、取り巻きの連中が、鹿家候補の支持者を強引に崩して、
海江田候補に投票しろと力づくで迫った。

いくら何でも、
こんなことでは、選挙は勝てない。

結局、一回目の投票で、398票の過半数を取れなかった海江田候補は、
一時、なんと泡沫候補と言われたあの野田氏に
決戦で負けるとは?

解説によると、海江田陣営は、小沢一郎氏がバックについている。
よって150票は固いが、200にはならない。
それは、小沢一郎の呪縛から、民主党のだれもが逃れたい、そう思っているからだ。

posted by 悪を切る父ちゃん at 09:27| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年08月27日

海江田万里さんが、日本のためには一番いい。民主党代表選近し。

いよいよ管総理も退陣。

やれやれ、やっとやめてくれたか、管総理。

こんな風に思われるだけでは、内閣総理大臣が聞いてあきれるよ。

管総理のあとは、保守本流に最も近い
海江田万里氏が民主党代表選を勝ち抜き、
第95代の
日本国内閣総理大臣に就任し、未曾有の国難に対し、
一刻も早く有効な手を打ち、
国民に真の平和と幸福を期待させる政治、および政策に
大きく舵を切ってほしい。

そう願うばかりである。

まだ関門がいくつもあるが、テレビの前で
号泣するぐらい、
人情のある政治家とも言える。

今後の海江田氏のお手並みを拝見するしかないが。

posted by 悪を切る父ちゃん at 13:23| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広島型原発の30倍もの放射能が全国や日本周辺に飛散したと児玉教授。

セシウム。

なぜ、原発被災地の福島県よりも、東京都区部のほうが高い濃度なのか?

首をかしげたくなる。
なぜ、福島原発から遥かに離れた東京や横浜、千葉、名古屋、大阪、
神戸、京都、そして
広島、長崎で、高濃度のセシウムが出るのか?

東大アイソトープ研究所の教授児玉氏は、

「福島の現地で原発汚染と闘っているが、このままでは、原発被災地とその住民のかたの
安全が脅かされ、何より、毎日積み上がっていく『高濃度放射性を含んだがれき』の山が
手に負えない速度で、恐ろしい事態になっている。」

セシウムに汚染された汚泥が、目の前で、毎日毎日積み上げられている。

この国家的危機。

これらを傍観していた管総理がようやく辞任する。まったく、遅きに失した。
切腹すべき重罪者だろう。

さて、話を元に戻そう。

放射性物質は、日本中に降る大量の雨水と一緒に流れ、これまた国民が
垂れ流す膨大な生活水と一緒に下水に流れていく。

恐ろしい話だが、これが、現実。

雨風、台風、梅雨などの日本特有の気候のために、日本列島を
集中的に高濃度の汚染水が天から降り注ぐ。

大雨でもたらされたセシウムなどは溶解せずに、日本の国土全体に溜まっていく。

セシウムは、困ったことに、水に溶けないという。セシウムは、土、特に粘土質にくっつきやすい。
これが非常にまずい。溶けないセシウムは、半減期が30年とか50年とかかかり、
気が遠くなるほど時間がかかると、専門家がぼやいている。

この悪魔の放射性物質は、人間が作り出した。

愚かなる生き物よ、人間。

一刻も早く、日本と日本人民のために命を懸けて闘う総理大臣。

当たり前だが、これを第一に考え行動する、そんな首相が最近の日本にはいなかった。

そこで、ようやく出馬表明した、海江田万里君。

ついに日の当たる『日本国総理大臣』の椅子に着座するときの時が来た。

国民のだれもが、こう願うだろう。

海江田万里新総理に、この危機的状況を、すぐにでも突破してもらいたい。

そう願うのは、多くの国民の正直な気持ち。

この時期に、超大型台風が2個も日本上陸を狙って、東シナ海を北上している。

さらに、カリブ海で発生した、超大型ハリケーン『モンスター』が、
アメリカ東部の中枢、ニューヨーク、ワシントンを襲うところまで来た。

日米、いずれも、人災と天災に翻弄されようとしている。

まさに、国家的危機、地球規模の未曾有の危機がすぐそこに迫っているのだ。

話をもどす。
セシウムは、これからどう広がっていくか、専門家でも不明と。

まず、セシウムは、水よりも汚泥にくっつきやすい。
雨と一緒になって大地に降り注いだセシウムは、下水処理場にて底に沈殿。

そのあと、下水処理場では、沈殿した汚泥を脱水し、焼却するのだ!
そこでも残った物体⇒ これを、どこかに埋めるか、もしくは隠すか、拡散してしまうか?
とんでもない難問が控えている。

これまで、ダンプカーで、焼却された物質を回収に来て、持ち帰り、全国の工場などで
役に立つ物質に作り替えていたが、さすがに、
この放射性物質のまじった厄介な物体は、引取りには来ない。
当然のこと。毒よりも恐ろしいセシウムを持ち帰って、みすみす被曝する者がいるものか?

全国から産業廃棄物を引き取りに来ていた多くの業者も、放射能のため、回収をやめた。
これでさらに、『やばい放射性がれき』は、際限なく溜まり続ける。

処分能力から言って、大地震発生後、わずか5か月間で溜まった福島のセシウムは、
この地上から消えるのにあと100年ほどかかるという。

これが毎日増え続けているのだから、怖い。

広島に落とされた原爆の30倍もの放射性物質が福島原発から
全国、世界中にまき散らされている。

児玉教授が提案したのは、1200の外国のセシウム研究論文と600以上の特許を
結集し、世界中の優れた核科学者が設計した、

『 人工バリア型処分場 』

これを日本中に設置するとなると、いったい何百箇所必要になるのか?膨大な場所も必要となるという。

南相馬町が溜めているセシウムを含む汚泥だけでも、あの青森県の六ヶ所村の最終処分場の
何倍もの敷地が必要となるという。

とても足りない。

基本的には、被災地の現地でセシウムの詰まった高濃度汚泥を溜め込み、
現地で可能な限り、処分していくのがベストだという。

しかし、同じ福島県でも、内部、海岸、新潟県よりでは、場所によっても
放射性物質(ベクレル/kg)の濃度が大幅に違う。

恐ろしい話だが、東京の新宿や渋谷で計測された放射性物質の濃度が、1万から3万ベクレル。

津波の被災地の現地が、500から2000ベクレル程度なのに、なぜ首都圏、とくに
東京が福島県よりも、はるかに高いのか?

さらに、放射性物質と放射性がれきの処分の問題。

直ちに対策を取らないと、国家が滅びる恐れが十分にある。これは、専門家が警告しているのだ。

やばい放射能汚染がれきを、まず、仮置き場から移すことだが、いったい、そんな場所があるのだろうか?
30年、40年、50年もたまり続ける、セシウムだらけのやばい汚泥とがれきの山。

この国家的難問。

これを解決する方法はないだろうか?
専門家が考えたのが、
【人工の場所に移すこと】

数十万トンの放射性汚泥を固め、それをまず空の超大型タンカーに格納。
しかし、このタンカーが万一破砕して、
中のやばい物質が海に流れだしたら、どういう対策をとるのか?

その時は、イージス艦をはじめとする海上自衛隊のあらゆる艦船に加えて、
米軍の上陸用強襲艇や、駆逐艦、巡洋艦、戦艦、原子力空母、さらに、原子力潜水艦など
あらゆるアメリカ第7艦隊の主な軍備を展開し、
日本の海上自衛隊の艦艇を護衛してもらう。
そうして、
数十万トン、数百万トンのやばい汚泥やがれきの塊を回収する。

こんな、一見、荒唐無稽に思える、日本国土防衛計画の早期実現が必要。

それは、テロリスト達が豊富な資金と軍備をもとに、日本を恐喝する意図で、
この悪魔の超大型タンカーを襲う計画を練っているからだ。

ここで、この国は、いったい全体、どういう対策を取っているのか?

先の国会で、白日の下、全国民に暴露された、一大スキャンダル。

管総理大臣が、政治資金規正法の網をくぐって、もとは私たち国民が納めた国の税金を、
あろうことか、意図的に北朝鮮に提供した事実。
その仲間に、拉致犯の関係者や、金正日に洗脳された一味がいて、管総理は、彼らに
数十億円もの資金を提供してきた。

この事実。
今回、海江田万里氏と争うと、急きょ出馬を表明した、前原君。
なんということか、前原前外務大臣も、管総理とも同じ穴のムジナで、
北朝鮮と太いパイプがあるという、そんな夕刊フジの圧倒的なトップ記事!

前原君も北から資金をもらっていたので、日本の防衛上、彼が総理になれば、かなりやばい。
まず、彼らを一刻も早く、首相官邸とその周辺から、引きずり出さないと。

この日本という国は、内部深く浸透している北のスパイ網と裏切り者の支援体制のため、
核物質を抑えられ、清廉な新しい総理大臣たちを人質に取られると、
もう、あとは切り札がない。

のど元を抑えられた無防備な首相官邸は、内部から扉を開け、国家反逆者達を
招き入れてしまう。
徹底した洗脳教育を施された北の完全武装のスパイ達。
日本のSPの手に負えるものではない。

一瞬のうちに、首相官邸は占領され、敢え無く、北の特殊部隊が日本中の原発を強襲する。
一基でも爆破されると、放射性物質が拡散し、風評はあっという間に日本中をパニックに陥れてしまう。
次々に破壊される日本の原子力発電所。

防衛省も自衛隊東部方面も内部者からクーデターを起こされ、
抵抗する自衛官が目前で即座に爆殺されると、もう誰も彼らの敵ではない。

皇居までもミサイルが撃ち込まれ、東京はあっという間に壊滅するだろう。

なんといっても、内閣総理大臣が北の傀儡では、どんな手を打っても駄目だろう。
手をこまねいてると、この日本は、占領され、間違いなく滅びるだろう。

原発爆破事故は、人災なんて生易しい事故ではない。

その筋は、長期にわたり、管直人総理や、前原元外務大臣など、堂々と日本政府の中枢に
送り込み、日本の政権内部から崩壊するよう仕組んだ。

なぜ、そんな輩=日本の敵が、あろうことか、日本の最高権力者たる内閣総理大臣や、
外務大臣に就任したのか?

おかしいではないか?国民が聴取している国会中継で、自民党の某代議士に
上記の事実を暴露されても、なんにも動じない、あの管総理。
実は、北に洗脳されているからだ。
これは仮説でもなんでもない。
証拠も国会で暴露された。何故、拉致犯罪者に関与する金正日から洗脳されたスパイ達に
管総理は資金を集めて上納するのだ?

常識では考えられない。

それは、非常に巧妙に仕組まれた、日本列島壊滅作戦のほんの端緒だったのだ。

だからこそ、大地震で首都に近い福島の東電原発が爆発したとき、管総理は、ヘリを使って
現地へ飛んだ。馬鹿のやることだ。総理大臣がヘリできたら、東電も自衛隊も
その数時間の間、原子炉の温度を下げる作業を停止しなくてはならない。

その間、原子炉の内部の温度は上昇し続ける。

あえて、管総理は、福島原発爆発事故の事後対策を後回しにした。
それは、間違いなく、彼が北の傀儡であるからだ。
管総理は、実は、北の命令のまま、発言し、行動に出ているから、首尾一貫しない。
日本と日本国民のことなど、毛頭も考えていない。
そう考えると、管総理の場当たり的で、思いつきのような行動と発言のブレが理解できる。
つまり、最悪の男を、日本国民は、内閣総理大臣という最高権力者に
選んだのだ!

いったん日本国内閣総理大臣に就任すると、自らその権力を投げ出さない限り、どんな男でも、
任期いっぱいは、辞任する必要がない。
与党から、前総理の鳩山氏から、『管総理、あなたはペテン師だ!』と罵られて
平然としていられるのは、管総理が傀儡で、なんとも思わなかったからだ。
常識ある日本人なら、『お前はペテン師だ!』などと言われようものなら、
怒り狂い、相手を殴り飛ばすだろう。

それもしない。馬耳東風。というより、金正日が管総理に、そんな発言は、
『無視しろ』と指令しているからだ。

ここまで来ると、すべてが繋がり、明らかになってくる。
とんでもない男を総理にしたものだ。
総理大臣は、もう一つ、大事なポストがある。

『拉致被害者を救う会会長』

に就任しているのだが、この男、北朝鮮と資金のやり取りを実行し、あまつさえ、
拉致実行犯の韓国での減刑までも嘆願した過去がある。

とんでもない、恐ろしい男、それが管直人総理大臣だった。

平成23年3月11日。

この日、日本は試された。
原発爆発という、未曾有の国家的事故に、大地震、大津波が重なる、トリプル国難。
この時、内閣総理大臣が取るべき第一の命令は、
『国家総動員法』を発令することに尽きる。

本当に日本の危機を真摯に把握し、直ちに国家総動員法を発令し、国体と国民の
生命と財産を守る手を打たなくてはならない。

これを怠っただけでも、管総理が国家破滅の引導を、われわれ日本人に渡したと言っても過言ではない。

あるいは、意図的に、(恐ろしいことだが)、
『国家総動員法』を直ちに発令することを部下に進言された時、
管総理は、これを握りつぶした。
だからこそ、原発が爆発して、国土が危うい時、管総理は、敢えて自衛隊に命じて
ヘリに乗り込む。しかもヘルメットはかなぐり捨て、防護服も脱ぎ捨てる。
まるはだか同然の総理大臣が視察のためだけに、
福島原発のすぐ上にまで、自衛隊のへりで突っ込む。
当然、事故現場では、原発の修理や作業を止めざるを得ない。
白煙が猛烈に噴出しては、総理が黙視できないどころか、連鎖爆発も起きているので、
何も手出しができない。
この間、3~4時間の空白。

原子炉内部の温度は、猛烈に上昇した。

これによる原発の事故対策の遅れは、致命的となった。
この総理のおかしな言動も、何度も国会で追及されたが、管総理は、とぼけるだけ。
無責任極まりないのだ。鈍感。いや、実は、このヘリによる視察も
その筋からの命令だったのだ。


   次回へ・




   **********************

まず、どの程度汚染しているのか?

高濃度は、国が責任を持って扱う。
中は   地方自治体。
低レベルは  ・・・

33マイクロシーベルトとは?

原子力安全委委員会は、まったく機能していない。

清新で高能力なメンバーを結集して、最高の期間を作ること。

世界中が注目している。

新しい総理大臣が決定し新内閣が発足したら、真っ先に取り組むべき事態。

海江田さん、出番ですよ!



   以上


『ニュース深読み』の実況中継から

posted by 悪を切る父ちゃん at 09:31| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

アマゾン川の地下に巨大河川が発見されて・・・。

世界最大級の超大型河川、アマゾン川の地下に

巨大河川が発見されたとの報道には

心底驚かされた。

しかも

地表から4キロも深いところを年に10メートルから

100メートルの速さで

流れているという。
posted by 悪を切る父ちゃん at 04:08| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

やっとやめた管総理。海江田氏は新総理に?

やっとやめた管総理。

日本の政治と社会をだめにした

凶悪の市民政治家、管直人。

ここは、海江田氏を新総理にして、

もう一度、チャレンジだ。

海江田君、昭和24年生まれの同期の桜。

もうすぐ、君の実力と

周辺の慶應のブレ―ンが頭角を現してくる。

東京工大のエンジニアは、

やはり人脈m金もなく、北朝鮮に

おんぶにだっこしか方法がなかったのだろうか?

今の日本を、命懸けで立て直そうとする男の中の男は、

海江田万里君の他にはいない。!?
posted by 悪を切る父ちゃん at 03:11| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

東電は大津波の襲来を予測していた!!

東電は大津波の襲来を予測していた!!

このところ、妙に世間を騒がせる、低能で馬鹿な男が
怖い暴力団から切られたというニュースが
飛び回っているが、

たかだか、一介のお笑い芸人ごときが
暴力団とつるんでいたのが明るみに出て
芸能界を引退する、この程度のぶざまなゴシップ記事に、なぜ、
わが経済大国日本の、それも、与党を代弁する官房長官が、
何を考えているのか、島田神助氏は天才なので引退は残念。
などと口を開いた。
多数の国民が見ているNHKテレビで、このニュースが流された。

枝野官房長官、この男は、自分がどういう立場も分かっていない。
日本政府の表の顔、官房長官ではないのか!

なさけないねえ、枝野官房長官。
記者会見の席上で
【島田神助氏は、一種の天才で国民から親しまれていて
 引退は残念】などと笑われるようなことを言ってしまった。

誰もあんなやくざな男、島田神助を好きなもんか。

タレントを恫喝してヒトラーみたいに威張りくさり、あたりを睥睨する
気持ち悪い顔。本当にえげつないお笑いタレント芸人だろう。
この男が、ある事件で怖くなり、暴力団を使って、つまり、稼いだ金で
もみ消しにかかった・・・。

ちんぴらや駄目なやくざとなんら変わらないこんな男の
ぶざまな引退インタビューなんか、天下のTBSやNHK、その他民放が
公共の電波ということを忘れて、延々と流すな!

アメリカでは大地震で原発が停止し、
リビアでは革命が起き、カダフィ政権との最後の戦争が
大詰めを迎えている。
ソマリアでは、貧困のため、数十万人の子供たちが死亡している・・・。

報道すべきニュースは、山ほどある。
島田神助程度のタレントが引退したくらいで、日本中が、まるで大事件が勃発して、
国家の一大事のように、上や下への大騒ぎ。

なんんだか、おかしいとは思いませんか?

   ****************

実は、これには裏がある。

今、最も重大な報道が、このあほタレント騒動のため、巧みにかき消されようとしている。

あの東電が、今回の大地震が来る前に、

【10メートル以上の大津波が発生し、
 東電福島原発は停止し、事故が起きる可能性がある!】と予想していたのです!

しかも、これほどの国家的危機の事態なので、東電は当然ながら、
国の原子力行政の要、保安院に報告していた。

それも一度ならず、二度までも。
この報告を受けた担当者は、なにも対策を打たなかった。
いったい、どう国民に弁明するのか?

腹を切ったくらいでは済まない。

これほどのトップニュースを、民放もNHKも報道を、ほとんどしない。
わざと、あほなタレントの引退ニュースを国民的ニュースにでっち上げて、
肝心の東電の原発爆発を想定する報告を握りつぶし、
国家的危機管理を直ちに取り組むべきところを、ほうかぶりして逃げ出した、
国家反逆罪にあたる、官僚たちの大罪を!報道しない。

なぜか?

理由は明白。

自分たちも、その官僚たちと同じことをしていたからだ。
国家を破滅させようと画策している官僚たちグループと、彼らは同罪だからだ。
原発の安全神話を作り、その片棒を担ぎ、膨大な広告費や利潤や権益に群がった
マスコミと出版と地方自治体とその関連会社、さらに世界トップ級の企業群。
ありとあらゆる業種が、原発で潤い続けてきた。

啓蒙。
この言葉も今や死語と化した。

報道すべきニュースを、意識的に隠蔽しようとしている!

レベルが低すぎるよ。この国のマスコミ、特にテレビ局は、相変わらず、視聴率しか考えていない。

日本の報道のあるべき姿を一日でも考えたことがあるのだろうか?

尖閣諸島では、今日もあの中国が自国の領土かのように、
中国軍を使って、平然と徘徊している。

隣国に馬鹿にされていては、まともな外交なんてできるわけがない。
最初から足元をすくわれ、一蹴され、相手国の外交力の前に、ただひれ伏すだけだ。
誇りも自信もない、こんな国は、一度すべてを引っぺがしてしまって、
新鮮な国家として再出発できるよう、ドラスティックに造り変えたらどうだろう?

     平成の【坂本竜馬】殿へ

この日本の現状を打破し、新生日本の建設のために、そろそろ出てきてもらいたい…。

posted by 悪を切る父ちゃん at 05:25| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

アメリカ東部に大地震!原発停止!

アメリカ東部に大地震発生!

これにより、原発停止!

ニューヨークは、

9.11のテロの再来か?

と大騒動になっている。

ワシントンも

パニックに陥っているという。

原子爆弾を
作ったアメリカ。

いま、
その原子爆弾を当時の数千倍の威力を持つ

兆メガトン級の原爆を
アメリカ市民のみずからの頭上に

ひどいことだが、落とそうとしている。

何十年たっても、悲惨な原爆投下による

無差別

大量

虐殺された

日本の広島と長崎の普通の

人々。

赤子もいたし、

妊婦もいた。

じいちゃん、ばあちゃん、いとこ、はとこ、
おやじ、おふくろ、
ねえちゃん、あんちゃん・・・

みんな

焼き殺されたんだよ。

一発の
原子爆弾で。

生き残っても、

恐ろしい原爆症で、一生苦しむんだ。

生まれて来る子供も

どんな悲惨な人生がまっているのか。

だれにもわからない。

そんな
無残な戦争ごっこは
もう
やめにしよう。

いったい誰が戦争を起こしているのだ?


ふつうに生きてきた市民が

どういう理由で、あの原爆で殺されたのか?

考えてもみるがいい。

なんという皮肉か?

それより、日本政府は、至急、緊急援助部隊をアメリカに派遣して、

言い地震と洪水と原発事故で苦しむアメリカ市民を

分け隔てなく平等に、すべての被災社を救うこと!

日本の総理大臣、管直人は、いますぐこの命令を出せ!

これが、今、一番日本政府、与党がやるべきこと。

足の引っ張り合いは、もうやめてくれ。
民主党の中の醜い争いは、ぶざまだ。みっともない。

この日本では、だれが総理になっても、すぐに引きずりおろされて、

ろくな仕事もさせてもらえないのだ。

そんなことより、

盟友アメリカを

今こそ、アメリカ市民を救いに、

日本の素晴らしい精鋭を、自衛隊を緊急派遣すべき!

先進国の中で最大の債権国ニッポン。

もてるアメリカ国債をすべて、アメリカ市民と日本の被災者を救うために

使うべし!

当たり前の政策なのに、だれも何もできないのか?

情けない政治家どもよ!
posted by 悪を切る父ちゃん at 15:48| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

アメリカでも大地震発生。原発停止!日本の二の舞いか?

大変なことになってきた。

AP通信などが
世界中に
緊急配信。

アメリカでも大地震が23日に発生。

原発も停止!

ミズーリ川の氾濫で


ネブラスカ州の
フォートカルフーン原子力発電所の近くの堤防が壊れた!

そのため、
原発の電源が一時停止。

非常用の

発電機で
急場をしのいでいるという。

洪水のため、さらに大災害が発生する恐れ十分。

日本の二の舞いか?

アメリカよ、

汝、

核爆弾を生み、

核に死ぬのか?

posted by 悪を切る父ちゃん at 15:05| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

日大三高、打棒爆発して、2度目の優勝を飾る。

甲子園球場、
最後の決勝戦。
ここでうならせたのが
連投の日大三高のエース、吉永投手の
スタミナ。
さいごまで球威が落ちなかった。
また日大三高の打線が爆発して、
3点本塁打をふくみ11得点をあげ、
光星学園を完封してしまった。

日大三高は、10年振り、2度目の優勝を飾る。
被災地、青森県の八戸市の高校、
光星学園は、
結局
日大三高の吉永投手から
1点も取れずに、敗れてしまった。

posted by 悪を切る父ちゃん at 10:28| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

石垣島のぺんぎん食堂。石垣島ラー油でご飯を食べる、そんなツアーに行こう!

ヤシガニもうまい。

しかし、
ハブがでる。

ヤシガニは、
森の中にいるのだ。
森の中の
サキシマオウノ木の中にいる。

ヤシガニは、
陸上で生活する日本最大の甲殻類。

おそらく、石垣島くらいだろう、こんなにうまいヤシガニが

数多く生息しているのは。

ところが、このヤシガニ。
陸上で生息しているために
菌や数多くの毒を身に着けている。
生け捕りも難しいが、走り回るヤシガニを見つけたら、
まず頭を押さえる。
それから、何本もある足の右から3番目の足を
上に曲げる。(へし折ってはいけない。ヤシガニは苦しさのあまり、
大暴れして、その巨大で鋭利なハサミでざっくりやられる。

指なんかちょん切られることもあるので、要注意だ。
なにせ
カニと言っても、住んでるところが石垣島のジャングルのような
森の中。
海や川ではない。やばい菌や毒が散らばっている、熱帯に限りなく近い
石垣島の奥深い森の中。
そこがヤシガニの王国。

だから、死にたくなかったら、まず捕まえたヤシガニの腹を徹底的に洗う。
ヤシガニの腹は、やばい菌だらけ。食べてはいけない菌がへばりついているのだ。
この菌を洗い出す。みんなまだ死にたくないでしょう。

それからもっと怖いのは、
ヤシガニの内蔵。そこに巣食う毒は半端ではない。
まず、ヤシガニを寝かせて、腹を立て一文字に切り裂く。
と、うまそうな黄色い味噌があふれ出てくる。それを少し取る。
指を3本突っ込むと、細いヌルヌルの内蔵がつかめる。
この内蔵を全部取り出す。
絶対に食べてはいけないヤシガニの内蔵。
もし食べると、3分おきにおう吐し、のたうちまわって死に至ることがある。
救急車で緊急病院に運ばれしかる処置を受けない限り
生命の安全は保障されないという。



posted by 悪を切る父ちゃん at 10:20| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

フルート奏者の竹山愛さん、習志野高の吹奏楽部出身です!

日本でもトップ級のフルート奏者の竹山愛さんは

芳紀25歳と若いうえに

フルートを斜めに構えると、

だれもがその圧倒的な存在感に

息をのみます。

はっとします。

ただならぬ美しさ。

それは気品あるしなやかな肢体と流れるようなサラサラとした

すこしブラウンがかった、風にそよぐ長い髪に、

良くマッチしたスタイルとその清楚ないでたち。

申し分ない。

しかも、竹山愛さんは、千葉県の市立習志野高を卒業すると、

東京芸術大学へ進学し、さらに芸大大学院へ。

そこでも、その才能は評価され、圧倒的なその美貌とともに

各種のコンクールで優勝すると

もう、竹山愛さんの

ファンが数十万人に爆発的に増加。

私も熱狂的なファンになってしまいました。

この竹山愛さんが、習志野高校に通っていたなんて・・・。

感激です。

千葉県の誇り、宝ですね。

この竹山愛さんの母校こそ、ついさきほど甲子園球場で、

熱闘を戦い、惜しくもベスト4を前に

念の涙をのんだ、あの習志野高なのです!

竹山愛さんが、先ほどまで、摂氏37度を超える甲子園のアルプススタンドで、

熱狂的な応援をしていたブラスバンド=吹奏楽部の出身と知って、

感動しました!

千葉県には、

野球やサッカーだけでなく、

最先端の科学者達や宇宙飛行士、世界的な医師たち、さらに、演劇や音楽など

数多くの分野で世界的に活躍する、才能あふれる天才が

キラ星のごとく輝いているのです。
posted by 悪を切る父ちゃん at 19:39| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

応援すればするほど熱中する高校野球とはなにか?

これほどまでに応援してきた
わが千葉県代表の習志野高が、
ベスト4を目前にして、
あろうことか、隣の東京代表、日大三高に完封負け・・・。

もう、がっかりして、涙が止まらない。

私は、習志野高校の卒業生ではないのに、
これほどまでに高校野球に取りつかれるのは、
いったい
なぜなのだろう??

故郷の九州、佐賀県代表で出場した唐津商は、
1回戦で、どちらかと言えば、やりにくい相手、被災地出身の
古川工業とぶつかった。

しかし、高校野球、アマチュアスポーツの権化は真剣勝負。

とくに
甲子園は、一度負けたら後がない。

すごすごとふるさとの唐津へ帰るしかないのだ。

だから、相手が古川工だろうと光星だろうと
真剣に向かっていくしかない。

そこに
人間としての情はあっても
プレーには介在しないようにする、その苦しさ。

そこで
全ての情を押し殺して、とにかく、正々堂々と戦う。

この素晴らしさ。

幼稚園児からおばあちゃんまで、

数千万人もの全国の津々浦々の高校野球ファンが

今日も明日もNHKのテレビ放映を見ながら、涙したり、

歓喜したりして、故郷の代表選手たる君たちを、

君たちのプレーを懸命に応援している。

ほんとうの国民的行事。

だからこそ、負けるわけにはいかない。

このすごさ!

情実や対価のない世界。

ぶつかれば骨折や打撲は当たり前。

今回は、試合の中で、前歯を数本折った選手も出た。

その痛さは、どれほどか?
激痛に耐えて、その選手は9回まで頑張り、
逆転して勝利を掴んだ。

すごい!
よくやった。
あの時、激痛に耐えかねて
ベンチへ引っ込んだら、残されたナインは気が気ではない。
試合どころではないのだ。

血や汗を流しても、みんなのため、母校のため、郷里のために
思い切ってバットを振りぬいた。
カーン。

乾いた音がして、白球は外野の間を抜け、緑色の芝生を走った…。

全力で野球というスポーツに取り組む、多くの若い人たち。
それを応援する応援団、チアリーダー、卒業生や家族や、生まれ故郷が
同じというだけの全国の高校野球ファン。

今日も甲子園は熱い。

高校球児たちは
死を賭けて闘っている。

筆舌に尽くしがたい酷暑の甲子園球場で

彼らは
チア・リーダーたちや応援団、ブラスバンドのメンバー、
それにバスを連ねて応援に駆け付けた
多くの父兄や卒業生たちのためにも
負けるわけにはいかない…。

またサイレンが鳴った。

勝敗が決した。已むを得ない。

甲子園では、負けても勝っても双方の高校生たちが泣く・・・。

そんな甲子園球場がいとおしい。

全国の白球を追う高校球児にエールを送る。

君たちこそ、明日の日本を背負って立ち上がる
規範たれ!



posted by 悪を切る父ちゃん at 17:22| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

フルート奏者の竹山愛さんは、習志野高吹奏楽部出身。

今を時めく超美人フルート奏者の竹山愛さんは、

千葉県の習志野高吹奏楽部出身で

東京芸術大学入学、卒業しても大学院い残り、

そこを卒業すると、日本管打楽器コンクール一位を

始め、各種のコンクールを総なめ。

今後が期待される。

posted by 悪を切る父ちゃん at 13:01| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

熱闘甲子園、作新が9回に逆転し、ベスト4へ!

熱闘甲子園、作新学院が9回に逆転し、

なんと49年ぶりに、

ベスト4へ進出した!

智辯学園は

8回まで1点差で作新学院をリードしていたが、

9回の表に追いつかれて、そして

逆転され、甲子園の土を持って帰って行った。

作新学院は、全員があきらめない。

唐津商業を破ったのも、ナインの決してあきらめない、その粘りが

功を奏した。

今は、東京の日大三高と千葉の習志野高が

関東勢同士で最後のベスト4のに席を

争っている。

日大三高の強力打線に習志野は、3対ゼロと苦しんでいる。

しかし、習志野のセンターは、あわやバックスクリーンに入るかという

大飛球を背走して見事にキャッチした。

超ファインプレー。

これには、5万の大観衆がどよめいた。

頑張れ、千葉県の代表、

習志野高!

決して最後まであきらめるな。

唐津商の分まで勝ち上がって、是非とも優勝して欲しい。



posted by 悪を切る父ちゃん at 12:20| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

英国でも暴動頻発。中国は、暴動の隠蔽に躍起・・・。

紳士の国、英国でも若い人々の暴動が頻発。

さらに10億人以上を抱える中国は、

政府批判と同時に起きた中国各地での暴動の隠蔽に躍起となっているが・・・。


posted by 悪を切る父ちゃん at 02:23| 千葉 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

今日は終戦記念日。

今日は終戦記念日。

昭和20年(1945年)の8月15日から数えて

66年というのだから、
人間は忘れない動物の典型。

なんという長さだろう。66年間の傀儡日本。

66年間の長きにわたり、駐留米軍の守りの下、

綿々と維持されてきた日本の平和な時間。

その間、日本は一度も戦争を起こさず、一人たりとも戦争で
殺したりはしなかった。

66年間もの長期にわたり、人口1億人超の大国日本が
それこそ、戦争を仕掛けず、外交努力で維持してきた最後の帝国平和国家といえよう。

わが日本は、よくぞ、中国、ロシア、韓国、北朝鮮などの野蛮な国家に
侵略されず、独立国家として、矜持を崩さなかった。

たとえ、わが日本が、中国や韓国に
馬鹿にされても、何をされても、ひたすらに
国家体制を守り続けた。

 閑話休題。


『人種プリファイリング』をご存じか?

最近は、全米で多くの支持を集めたテレビ番組に、

『人種プロファイリング』があるという。

続く。

posted by 悪を切る父ちゃん at 19:41| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

横浜高、無念の9回。智辯に逆点負けで甲子園を去った・・・。

横浜高、今日勝てば
準々決勝進出だったのに、

どういうわけか、
9回の表にそれまで好投してきたエースをひっこめ、
リリーフ投手に運をかけた。

それが打たれ、四死球で満塁。

さらに打たれ、また経験のない投手が繰り出され、
とうとう同点に追いつかれる。

まさか?

そのまさかが起きてしまった。

満塁でバッターボックスに立った智辯学園の打者は

思いっきり、バットを振りぬいた。

ワーッという大歓声とキャーという女性の悲鳴で
甲子園球場は

真っ二つに割れてしまいそうだった。

白球は、右中間を深々と破り、あっという間に
1イニイングで8点も取られてしまい
9分9厘、勝利を掴んでいた横浜高のナインの手から
準々決勝進出の夢は滑り落ち、
全国制覇、優勝は
夢と消えてしまった。

号泣する横浜高のエース。
無念でたまらない。
どうせ負けるのなら、エースたる自分が敵に打たれて、
負けたかった。
もう投げる力は、これれっぽちも残っていなかったが、
投げ抜くという気力だけは、誰にも負けんかった。

しかし、野球はわからない。
9回ツーアウトまで来ても、まだ
勝てるかどうか、未知数なのだ。

それが野球。


好投手を擁しながら、横浜高は、わずかな采配ミスで
甲子園を去っていった。

されど野球。
無念の9回。

横浜高は、宿敵、智辯学園に逆点負けで甲子園を去った・・・。
posted by 悪を切る父ちゃん at 19:38| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする