2019年04月22日

もうすぐ平成よ、さようなら!やっと来た、令和よ、こんにちは!うまいものを食べるか!

もうすぐ4月30日。
ついに来たか、平成時代よ、さうなら!よく頑張った。
えらい頑張ったね。30年間も!

とてつもない大地震や大津波、原子力発電所のメルトダウン・・・。幸せに生きていた
ごく普通の人々が、
ある日突然、

突然だぜえ、
千年以上も穏やかだったあの海原。どでかい太平洋が急に荒れ狂い始め、海底が狂い暴れ出して、
遥か彼方から、日本の、麗しき三陸地方を襲い掛かる!

ひでえ話じゃありませんか。逃げる暇なんてありゃせん。

ただ、ひとえに風の前の塵におなじ・・・。

祇園精舎の鐘の音

諸行無常の響きあり

沙羅双樹の花の色

盛者必衰の

ことわりを表す・・・

なんてね。

まだ人に殺されるよりはましか。

か弱い人間様には、こんな過酷な時代なんざ、
とてもじゃないが、耐えられねえな・・・。

耐えられる訳けねえだろう。
大災害が襲ってきたら、どんな奴だって手には負えない。か弱い人間様なんて、
どうしようもねえのさ。家族だって、恋人だって、ガキだって、みんなみんな、津波に
飲み込まれて
流されてゆくんだ・・・。

むなしいね。

ひどすぎるね。

なんか悪いことでもやっちまったか?

相手が巨大すぎる。虫も一匹も殺せない俺なんざ、
雷だって怖くて逃げ惑うばかりさ。雪が積もって、屋根から落ちて死ぬこともある。
綺麗な小川だって、台風が来れば、暴れん坊将軍になっちまう!

風が吹けば、かるいおいらなんざ、あの世迄、ふあーって吹き飛ばされちまったんだから…。

弱っちい人間なんか、ぽいぽい捨てられるんだから、大自然の底力って怖いよ・・・。
疾風怒濤の30年間だったなあ。

やって来たのは、「令和」だって。可愛い名前だなあ。いいことがありそうだねえ。
こんにちは!【令和】君。さて、うまい海鮮丼やてんぷら、寿司、フグ料理、
焼き鳥、生ビール、牡蠣の鍋物を腹いっぱいくてえなあ。

あの成田に行けば、
ウナギのかば焼きが腹いっぱい、食えるらしい。金さえ払えばね。
当たりき車力の紺根治寄与?

うまいものを食べているうちが幸せってものよ。ところで、あんさん、
これがわかりますか?この心境。まさしくこの心だねえ。
生きるってことはさ。

「死んで  花実が   咲くものか、

         さよならだけが人生だ」

井伏鱒二



藍屋 佐倉店
藍屋 佐倉店
ジャンル:和風レストラン
アクセス:京成本線京成佐倉駅 徒歩3分
住所:〒285-0014 千葉県佐倉市栄町22-11(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 八千代・佐倉・四街道×郷土料理
情報掲載日:2019年4月22日



じゃ、 あの世で会いましょう・・・。楽しいあの世でね。










posted by 悪を切る父ちゃん at 15:35| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

いままで誰も知らなかった?岩手県立大船渡高校野球部に、大谷君をも凌駕するという、剛速球投手がいる!!

いままで誰も知らなかった岩手県立大船渡高校野球部に、大谷君をも凌駕するという、剛速球投手がいる!!
彼の名は佐々木xx投手、最近投げた球速を、ネット裏に押し掛けたアメリカ大リーグや日本のプロ野球の
スカウト達が自動計測機で測ったスピードは、驚くなかれ、
時速163キロ!!!!!
世界最速が大リーグのアメリカ人xxxxxxxx投手で、169キロ。
あの大谷祥平?投手の最速球は、165キロ。
彼らに次ぐのですぞ!
え?そんなに凄いピッチャーなのに、誰も知らない?
第一、大船渡高校なんて、甲子園に一度も出たことがないはず・・・。
どうして?と思っていたら、
野球にやたらと詳しいご仁が、某在京テレビ局で、その謎を解いてくれた。

【令和の怪物】投手と称された、このイケメン投手佐々木xx君の
モットーは、
【僕には大阪桐蔭や、東邦高校、竜谷大平安等々、野球強豪校から中学時代から勧誘を受けてきましたが、
僕は、そんな金で集める私立高校には絶対入りません。
いくら金を積まれようと、僕は、有名私立校には絶対に行きません。
理由は、ただ一つ。
それは、僕の第一の目標が、【地元の大船渡で幼い頃からずっと一緒に野球を続けて来た
仲間を甲子園に連れて行くこと】
第二が、【甲子園で、私立の強豪校と正々堂々と戦い、これを撃破して勝ち進んで行くこと】
第三は、【公立高校で勉強と野球を両立し、甲子園で優勝すること】

その後は、【日本を代表する投手となり、オリンピックでも日本を優勝に導く原動力となること】。

自分の信念は、決して曲げようとは考えていません。

*****

いかがでしょうか?高校生にして、この理念の持ち主。感動して涙がこぼれそう。
世の中、金がすべてではない。
もっと、素晴らしい目標が
横たわっている・・・。

間違いなく、日本が生んだ、天才投手、佐々木君。
彼の身長もすごい、190センチにもう少しで届く。
手足が長く、弓のようにしなって投げてくるボールは、目に留まらない。
最近の日本代表合宿で、大阪桐蔭や東邦などのスラッガーを相手にして
すべて三振に打ち取った。
佐々木君が投げるたびに、大歓声が巻き起こった。
何十球か投げたが、佐々木の投げたボールにバットが当たったのは
わずか、1球だけだった。
スタンドで、彼の剛速球に唸っているのは、すべて大リーグか日本のプロ野球のスカウト達。

さらに佐々木投手は、女性が卒倒するほどのイケメン!!!!

【怪物】は、いずれも人間離れしている。昭和の怪物xx、平成の怪物xx、と来て
ついに【令和の怪物】がベールを脱いだのだ。




posted by 悪を切る父ちゃん at 13:40| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

さもありなん、あのイチローが、【せっかくの国民栄誉賞】を辞退したが・・・

さもありなん、あのイチローが、【せっかくの国民栄誉賞】を辞退したが・・・。
第一、イチロー様が、どれだけスーパーヒーローとして
スポーツ界から抜きん出ているのか、まるでわかっちゃいない!
権力にぶら下がって、あぶく銭やその他をうまそうに食している、あの有名なお爺さんの団体が、
偉そうに、【イチロー君よ、でかしたな。その功績、そう簡単には達成できない。
よくぞ長年頑張ったな。ついては、国民栄誉賞を授与するので、
有難く戴きなさい。嬉しいだろう?え?国民栄誉賞なんだよ。永遠に残る賞なので、
謹んで戴きなさい】なんてほざいている顔、阿保とちゃうか?

え?言い過ぎではないかって?
いえいえ、あのお方は、凡人がとても到達できない雲の上、
いや、その上、想像できない宇宙の世界に
君臨・・・

されているというのは、聊かオーバーなのですが。

イチロー様は、この国民栄誉賞を断り続けて来て、これが3度目。
3度目の正直?なんて真似は、あのお方は絶対致しません。

考えていることが、【権力にぶら下がってうまい汁を啜っている爺さんたち】とは
まるで違う。【月とすっぽん】くらい違うのが、爺さんたちには
皆目、わかっちゃいないのだから。
まっことお粗末。

3度も断られる賞なんて、どんだけ価値があるの?
イチロー様は、
こびへつらう人種とは住んでる世界が違うんでござんすよ。

わかりましたか?この、実に見苦しい【権力ぶら下がり人種】は何が狙いで
イチロー様を担ぎ出そうとしているか?イチロー様には、これまで2度も、あっさりと、断られているのに。

それは、既に始まっている県知事選挙、都議選やら、県議会議員選挙等々、来る国政選挙に繋がる前哨戦、
いわば国が震撼するほどの重要な選挙に、あのイチロー様をうまく利用しようと考えている【権力ぶら下がり人種】の
浅はかな考え、【イチローなら3百万票、いや5百万票は固い。これなら、参議院選挙で圧勝できる!貴乃花には
振られたが、イチローなら、もしかしたら、全国区に出馬してくれるかもしれない?】

こういう筋書きではありませんか?


posted by 悪を切る父ちゃん at 01:59| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

今年の花粉量は、例年の3倍以上、学者によっては6倍というご仁もいて

今年の花粉量は、例年の3倍以上、学者によっては6倍というご仁もいて
私なんて
今年の2~3月、まずもって目はは開けていられない。
目が痛くて、思い出涙ぽろぽろ、しぶしぶ、とても開けてられない。
鼻水ときたら、延々と出るわ出るわで、さらに豪快なくしゃみは止まらないわという、
実に散々な日々でした。
朝起きると、すぐにでかいくしゃみが飛び出し、それが立て続けに出て止まらない。

2階に寝ていた家人がその音にびっくりして飛び起きて来たし、
手元のティッシュ・ボックスはたちまちなくなるし、
鼻は噛みすぎて真っ赤になってしまうし、
その上、せっかく金をかけて時間をかけて家族に
多大な負担をかけて白内障と黄斑円孔の手術をしてもらったのに、
右目はもう視力はがたんと落ち、左目も視力0.1に落ち、
見ると障子の桟がSの字にゆらゆら歪んでどうしようもないし、
もう、この世の地獄のようで、涙ボロボロ、鼻はぐしょぐしょ、目は痛くてとても開けてられないと来た。
そんな、とても酷い事態、まるで地獄のような日々を送りながら、
いつまで、この苦難に耐えられるのか、
お先真っ暗というのは
このことかと、
もう、落語じゃあるまいし、寿限無寿限無・・・と言うか、
神や仏にすがるしかなく、すがってみたところで一向に鼻水は止まらず、
目はかゆく、くしゃみときたら!!

なんとか宮崎空港に着き、ロビーに着いたとたん、「は、は、は、は、アクション!!!」
ダイナマイトもさもありなん、と言うような爆音が飛び出し、
空港のロビーにいた旅客や老若男女、
見送りに来た人たちが
私の方を振り向き
時間がとまったような、不思議な顔になったかと思うと、
やがて、お互いに顔を向け合って、
そのうち、あちらこちらで、くすくす、
げらげら、あはは、うへへへ、きゃあきゃと
笑い始め、もう恥ずかしいったらありゃしない、
穴があったら入りたいくらいなんだけど、宮崎空港のロビーには
私が入れるくらいの大きな穴なんか、開いているわけもなく、
もう、脱兎の如くこの場所から走り去るより、
ほかに手はないようで、もう恥も
外聞もない。全力疾走しながら、またまた、どでかいくしゃみ!をかまして
みんなを驚かせながら
出口を探し求め、やっと出口にたどり着く。
つまり、宮崎市内に出て、日豊本線の宮崎駅まで
爆音のような、くしゃみをしながら歩き続ける。鼻水はとまらず、流れ続き
目はおぼろ、行先の表示なんざ
かすんでしまい、危うく
対向してくる宮崎県人とぶつかりそうになるのです。

ええ?花粉症でこれほど苦しんでいるのって、私だけなの?
他の宮崎県人は誰もだれも、花粉症になっていないの?
わあ、日本ってそんなに広いんだあ。

あ、こんな苦痛の日の旅日記なんて誰が読むもんですか。
いや、誰一人としてそんな同情してくれるようなお方はいるもんですか。
みんな、厄介な親の介護や、何かの仕事について一所懸命働き
わずかな金を稼ぎ、女房・子供を養い、重い住宅ローンを背負いながら、
延々と払い続け、車の維持費に悲鳴を上げ、
辛く苦しいが
悲しいかな
お父さんは顔で笑って心で泣いて
今日も明日に向かって撃て!
ではなくて歩き出すのです・・・。

でも、当たり前というか、すべて、長い阿時間かけて、自分で蒔いた種だもの。

自分しかいません。すべての責任をとるのは。
種を育て、花を咲かせ、果実をつけると、その可愛い、綺麗な、見事な果実。
なぜか、誰かに持って行かれても、
親たるもの、泣いて喜ぶ。これが運命。それも人生。
他人が何と思うか、そんなこと全然関係なく、子供達は、広い世界に羽搏いて行くのだ。
なんて素晴らしい人生!!

たとえ、どんな失敗をしたとしても、悲観なんかするな。命までは取られない。
涙なんか見せても、誰も助けてはくれない。
当たり前でしょう。
自分のしたことは、自分で後始末をする。
それが人生。
されど人生だ。

せっかく生きていくのなら、明るくいこうぜ!みんな、くよくよしないで、明日を夢見て!
明るい明日は必ず来る。太陽は消えることはないのだ。

【空港父ちゃん】は、こうして、いつの頃からか、謹厳実直、真面目一徹、眉目秀麗の世界から
一歩抜け出し、初対面の人でも
とつとつと自分の過去を!面白、可笑しく語り続けるだけで、
いつの間にか、相手の口角は上がり、初めはくすくす、やがて豪快に笑いころげる・・・。

するとどなたでも、笑顔になっていい顔になる・・・。

ああ、もう寝ないと。明日は早く起きないと、(あれ、もう今日になってしまいましたが)
時間がありませんので、この辺で。

花粉症に苦しむ【空港父ちゃん】の
一日でした・・・。

同情なんかいりません。
一刻も早く、このひどすぎる花粉症をどなたか
治して下さい、「空港父ちゃん」は、クタクタ。
もう、たまりません。

眠れません。
鼻水が止まらないし、
くしゃみもエンドレス。
両目は開けてられず、目も鼻も口もついているのに、
どれも
苦しむだけ・・・
とほほ・・・。

と思いきや、一時間ほど前に服用した「一発で治せる花粉症の薬」のおかげで
鼻水、くしゃみ、目の痛みなどすべてが、見事に
雲散霧消!!

これでやっと、眠れます。
みなさん、お休みなさい。
ご清聴、ありがとうございました。

生き返った「空港父ちゃん」より

あなたへ




posted by 悪を切る父ちゃん at 01:12| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

東邦高校、平成最後も優勝!平成元年と合わせて5度の選抜高校野球優勝を飾った。すごい高校だね。

東邦高校、平成最後も優勝!平成元年と合わせて5度の選抜高校野球優勝を飾った。
すごい高校だね。中でも、決勝で習志野を2打席連続ホームランを浴びせて撃破した
東邦のエース、石川君は知る人ぞ知る野球の天才らしい。軽々と甲子園球場のライトスタンドに
どでかいホームランを放り込むなんて誰にも真似できるものではない。
東邦高校の石川君は、大リーグがマークしているはず。
折角の決勝戦なのに、習志野はエースを出さず、二番手のピッチャーを強豪、
東邦にぶつけてきた。習志野は、毎回のように走者を出すが、鍛え抜かれた
東邦の野手に殆どダブルプレー!
東邦の選手の方が、習志野よりも、正々堂々とフェアプレーの精神力が強い。
クリーンな高校というイメージぴったりだ。
生来の実力で、単独で史上最多の選抜5回目の優勝を勝ち取る東邦高校は
素晴らしい。
一方、千葉県の習志野孤高は、応援団が爆音と言われる騒音を出して、
初出場の高校を驚かせ足り、
野手同士の声をかき消して選手を慌てさせて、その結果、僅差で勝つという、
何か、首をかしげる手を使ったようだ。
フェアプレーの精神は、チームと同じく、応援団ももちろん守るべきではないか?
何か、後味が悪い。

アメリカ大リーグのように、試合中は、野手のプレーだけをみて、
爆音のような応援はすべきではない。

第一うるさくて耳障りだ。
そこへ行くと、東邦高はプレーも応援も洗練されている。
エースでキャプテン、スラッガー、石川が投打の活躍。
石川選手は、甲子園でのホームランのタイ記録まで作ってしまった。
将来が楽しみだけど、イチローのように、大きく羽ばたいてほしいものだ。
石川選手は、オーラがある上に背が高く、クールな表情。ファンが歩っておかないだろう。
もうすでに、石川フィーバーが日本列島を席捲している。
石川選手、半端じゃない、大きな大きな、宝もの。
日本の至宝になるはずだ。
何かを持っている。
posted by 悪を切る父ちゃん at 15:05| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

新元号、【令和】となったが、他の候補元号はどうしようもないのでは?

新元号は、【令和】(この考案者は、中西進氏ではないか?)となったが、
他の候補元号はどうしようもないのでは?
第一、国民にも読めない元号、何とでも読める元号、考えられない元号等々、
どういようもない候補が上がっていた。

やはり、始めに【令和】ありきだったのではないか?
安倍内閣がよく使う手。
どうも、【おごそかな茶番劇】としか言いようがない。

元号が変わることが勝機となるため、経済面でも安倍政権にはいいニュースとなる。
株価は上がり、景気も良くなり、もともと豊かな富裕層はさらに所得が増え、天文学的
収入を得ることだろう。
まるで、【世界一儲かる者が世界の王である】かの如く振る舞うあの
トランプ大統領のように、楽しくて浮かれてしまうのはいかがなものか。

日本だけでなく、世界中で苦しんでいる低所得層や無収入の人々、
母国から逃げ出す数百万人以上の難民が噴出してやまない。

現在でも、無残に地中海の屍となったり、手の付けられない惨状が目を覆う。

そういう、のっぴきならない過酷な現状が、
我々を取り巻いているのにもかかわらず、
敢えて国民の目や、世界の目を一時的にそらす、
格好の素材に、【新元号発表】及び【退位と即位】の重要な儀式が、利用されている、
そのように思われる。

そうでもなければ、国民を代表する叡智の集団が
ああまで、すんなりと【令和】ひとつに決められるものではない。
そう思いませんか。

現天皇が、まだ退位もしないうちに、早々と色んな勝手な理由をつけて、
あたかも、もっともらしく、形ばかりの集会を開き、
国民を代表する三権の長達にも、問答無用で
新元号を【令和】に決定したのは明らか。

めでたいのだから、あまり、文句を言うなとおっしゃるご仁もいます。
日本中がこぞって浮かれる一大イベント、それほど浮かれることでしょうか?
この儀式は、本来、粛々と行われるべきではありませんか?

華々しい改元の行事に、国民大多数の目を向けさせることで、
自分達の【あるまじき行為】を
隠ぺいしようと画策しているのは明らか。

これで、安倍総理の高笑いの理由がわかる。

【令和】という新元号を発表するにあたり、安倍内閣は
天皇陛下に、退位前に新元号を発表してもいいかどうか、
お伺いを行ったのだろうか?明瞭にしたのかどうか?
どうも曖昧にしたのではないか?

安倍内閣は、自分達の悪行を隠ぺいすることに懸命で、天皇には
もっとも大切な退位と元号について、事務的に、
形だけを整えようとしている。
いったい、現在でも、天皇陛下が退位されていないにもかかわらず、
一カ月も前に新しい元号名を決定し、国民の前に公表する必要があるのだろうか?

経済が麻痺する?国民が困る?企業に損失が出る?等々。

数十年に一度の重大な国事行為の前には、そんな理由は考えられない。
国事行為の前には、個人の欲求は簡単には認められないだろう。

安倍内閣が、自己保身に、巧妙に利用しているのが透けて見えるのだが。

【退位のひと月も前に、新元号を決定し、国民に公表する】。

その旨、安倍内閣が天皇と皇太子にきちんと説明し、了承を戴いたのだろうか?
甚だ、疑問である。
というのも、安倍総理と菅官房長官が、新元号の話をした時に、
天皇は、なんの反応もされなかったという。
うがった見方をすれば、
天皇陛下に確認および了承を得ずに、安倍内閣が良かれと思って
この話を強引に推し進めたのではないか?

安倍内閣がこの件で話したときに、
皇太子は、軽くうなずかれたという。
この差をみても、現天皇が納得していなかったということが、
歴然としている。

由々しき問題は、これからではないか?

posted by 悪を切る父ちゃん at 21:21| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

新元号、【令和】となったが、他の候補元号はどうしようもない・・・。

新元号、【令和】となったが、他の候補元号はどうしようもない・・・。
第一、国民にも読めない元号、何とでも読める元号、考えられない元号等々、
どういようもない候補が上がっていた。

やはり、始めに【令和】ありきだったのではないか?
安倍内閣がよく使う手。
どうも、【おごそかな茶番劇】としか言いようがない。

元号が変わるため、経済面でもいいニュース、株価は上がり、
景気も良くなり、もともと豊かな国民はさらに所得が増え、
楽しくて浮かれてもいいだろうが。

日本だけでなく、世界中で苦しんでいる低所得層や無収入の人々、
母国から逃げ出す数百万人以上の難民が
現在でも、無残に地中海の屍となったり、手の付けられない惨状が目を覆う。

そういう、のっぴきならない過酷な現状が、
我々を取り巻いているのにもかかわらず、
敢えて国民の目や、世界の目を一時的にそらす、
格好の素材に、【新元号発表】及び
【退位と即位】の重要な儀式が、利用されている、
そのように思われる。

そうでもなければ、国民を代表する叡智の集団が
ああまで、すんなりと【令和】ひとつに決められるものではない。
そう思いませんか。

現天皇が、まだ退位もしないうちに、早々と色んな勝手な理由をつけて、
あたかも、もっともらしく、形ばかりの集会を開き、
国民を代表する三権の長達にも、問答無用で
新元号を【令和】に決定したのは明らか。

めでたいのだから、あまり、文句を言うなとおっしゃるご仁もいます。
日本中がこぞって浮かれる一大イベント、それほど浮かれることでしょうか?
この儀式は、粛々と行われるべきではありませんか?

華々しい改元の行事に、国民大多数の目を向けさせることで、
自分達の【あるまじき行為】を
隠ぺいしようと画策しているのは明らか。

これで、安倍総理の高笑いの理由がわかる。

【令和】という新元号を発表するにあたり、安倍内閣は
天皇陛下に、退位前に新元号を発表してもいいかどうか、
お伺いを明瞭にしたのかどうか?
曖昧にしたのではないか?

安倍内閣は、自分達の悪行を隠ぺいすることに懸命で、天皇には
もっとも大切な退位と元号について、事務的に、
形だけを整えようとしている。
いったい、現在でも、天皇陛下が退位されていないにもかかわらず、
一カ月も前に新しい元号名を決定し、国民の前に公表する必要があるのだろうか?

経済が麻痺する?国民が困る?企業に損失が出る?等々。

数十年に一度の重大な国事行為の前には、そんな理由はありえない。
安倍内閣が自己保身に、巧妙に利用しているのが透けて見えるのだが。

【退位のひと月も前に、新元号を決定し、国民に公表する】。
その旨、安倍内閣が天皇と皇太子にきちんと説明し、了承を戴いたのだろうか?
甚だ、疑問である。
というのも、安倍総理と菅官房長官が、新元号の話をした時に、
天皇は、なんの反応もされなかったという。
うがった見方をすれば、
天皇陛下に確認、了承を得ずに、安倍内閣が良かれと思って
この話を強引に推し進めたのではないか?

安倍内閣がこの件で話したときに、
皇太子は、軽くうなずかれたという。
この差をみても、現天皇が納得していなかったということが、
歴然としている。


posted by 悪を切る父ちゃん at 12:02| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

原子力発電所の使用済み核燃料から出る、高レベル放射性廃棄物は、長期間に 渡って強い放射線を出すため、地下深くに埋めて処分する方法しかないならしいが・・・。

2019年(平成31)年2月17日(日曜日)の読売新聞朝刊。
サイエンスREPORT欄

「原子力発電所の使用済み核燃料から出る、高レベル放射性廃棄物は、長期間に
渡って強い放射線を出すため、地下深くに埋めて処分する方法しかないが
不安の声が大きく、最終処分場は、未だに決まっていないという。

こうした厄介な「核のゴミ」の中の物質を、なんと希少金属や、放射性線を
出さない物質に変えて、再資源化を目指す研究が進んでいるという。

いわゆる「核変換」という【超難度の変換技術】を用いる。

これを担っているのが、あの「理化学研究所」。JAXA、自衛隊とともに、日本の運命を握るこの組織。
日本人の中でも極めて優秀な頭脳を持つ科学者の熱き集団であり、今、燃えに燃えている。
それは、日本のみならず、世界を救う技術だから、失敗は決して許されない。

しかも、今か今かと、大いなる期待が、世界中で高まっている。

しかし、日本政府は、短期的な予算の配分で手いっぱい。もっと、超長期的視野に立たないといけない。
自民党も、公明党も野党も、選挙に勝つことだけに多大の税金と無駄な時間、人知を費やしているが、
そんなムダ金、やめてしまえ!
もっと使う道があるだろう!

予算が足りないため、遅々として進まない日本の最新の科学技術の開発。
ことは穏やかではない。
もっと大所高所から、日本の今を、近未来を、しっかりと論じることが出来る政治家を
国民は待望しているのだが。

この10年を振り返っても、軍需予算が世界各国で増大し、米ロ中ほか核保有国の印パにおいても、
イスラエルとアラブ各国、云々・・・。
いずれも、一触即発の事態に陥っている。このような危機的な事態を鑑みても、
人類を救う究極のこの技術を、一日も早く完成し、実用化しないと、
あっという間に時が過ぎ、
そして人類、いや、地球が滅びるといわれているのだが・・・。

新年号が【令和】となって浮かれている場合じゃない!

posted by 悪を切る父ちゃん at 10:48| 千葉 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

原子力発電所の使用済み核燃料から出る、高レベル放射性廃棄物は、長期間に 渡って強い放射線を出すため、地下深くに埋めて処分する方法しかないならしいが・・・。

2019年(平成31)年2月17日(日曜日)の読売新聞朝刊、
サイエンスREPORTランで、
「原子力発電所の使用済み核燃料から出る、高レベル放射性廃棄物は、長期間に
渡って強い放射線を出すため、地下深くに埋めて処分する方法しかないが
不安の声が大きく、最終処分場は、
未だに決まっていないという。

こうした厄介な「核のゴミ」の中の物質を、なんと希少金属や、放射性線を
出さない物質に変えて、再資源化を目指す研究が進んでいるという。

いわゆる「核変換」という超何度の変換技術を用いる。

これを担っているのが、あの「理化学研究所」。やることはやる、極めて優秀な
頭脳を持つ科学者の集団で、燃えに燃えている。
それは、日本のみならず、世界を救う技術。

大いなる期待が、世界中で高まっている。

しかし、予算が少ないなんて弱っちいことをぼやき、
父として研究開発が進んでいないとなると、ことは穏やかではない。

軍需予算が世界のあちこちで増大していることを鑑みても、
人類を救う究極のこの技術を、早く完成して実用化しないと、あっというまに地球が滅びるのだが・・・。
posted by 悪を切る父ちゃん at 00:19| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

「核のゴミから」から「希少金属」を取り出す。日本も、やっとここまで来た・・・。

「核のゴミから」から「希少金属」を取り出す。
それが実現しそうな夢のような話があります。
本当です。
天下の読売新聞朝刊で報じられています。
世界で唯一の原爆日被害国たる国、日本も、やっとここまで来た・・・。
posted by 悪を切る父ちゃん at 00:01| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする